2019年2月 9日 (土)

財政破綻問題に正面から取り組む経済同友会

 2月8日に財務省が発表した昨年末の国債・借入金・政府保証債務合計は1101兆円だった。言ってみれば日本国政府が借りているお金、つまり借金がそれほど多くあるということである。うち、普通国債だけで867兆円に達する。

 だが、この巨額の借金を誰が背負うのか、ほとんどの国民は考えたこともないだろう。新聞報道も、厚生労働省などの統計不正に集中している。国民は借りたカネは返さねばならなくなると知ったら、真剣にその方策を考えるようになるだろう。
 経済同友会の最新の月報「経済同友12・1号」は、同会がこの問題に真っ向から取り組んでディスカッションをした様子を紹介している。その中で、一番強い印象を受けたのは、小林慶一郎氏(慶応義塾大学教授)が「財政危機の深刻さと大きさが国民に共有されないことが財政健全化についての議論の大きな障害になっている」と言っていることだ。
 いまでも、GDPに対する国・地方の債務残高の比は非常に大きい。この比を安定させるには、GDPの14%にあたる予算のカットないしは増税が必要という。いまの国家予算は約100兆円だが、その7割にあたる70兆円をカットしなければならない、同氏はそう言う。
 一方、池尾和人氏(立正大学教授)は、国内の貯蓄で財政赤字をカバーしているマクロ経済状況では、財政破綻の問題は顕在化しないのではないか、と指摘。「余裕がある間に、危機に備えるべきなのですが、なかなか危機感が醸成されません」と指摘している。
 もっとも、須田美矢子氏(キヤノングローバル戦略研究所特別顧問)は、「日本の対外純資産残高から純直接投資と外貨準備を除いた純資産は40兆円」、「短期の対外純債務が190億円」だと指摘。「世界最大の債権国だから財政破綻にはならないという議論は楽観し過ぎ」と戒める。
 財政破綻はまず高率のインフレに始まる。行政サービスが大きな打撃を蒙り、社会保障などが抑えられ、社会の混乱がひどくなる。したがって、財政健全化は非常に大事だと土居丈朗氏(慶応大学教授)は強調している。
 みんなわかっているのに、誰も手をつけない。そうみえる。政治の危機の底は深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 8日 (金)

小説『魂の刻(とき)』からの連想

 もと新聞記者だった砂原和雄氏の新著『魂の刻(とき)』を読んだ。たまたま、10年前、氏が書いた『炎の森へ』を読んだとき、このブログで取り上げた。日本長期信用銀行破綻の3年ほど前に、陶芸家をめざして同行をやめた人が主人公のストーリーである。会社をやめたあとの高齢者の生き方を示唆していた。私の周囲にも、長銀の破綻で人生が大きく変わった人がいて、その一人は、劇団の経営責任者として今も活躍している。

 そして、10年前を振り返って驚くのは、この10年間に、転職についての会社員の意識が相当に変わったことである。エレクトロニクスなどの先端分野では、世界中の企業との生存競争が激しくなって、大企業であろうと、会社がつぶれることがないとは言えなくなったという認識である。会社第一主義から、自分の力量次第や生き甲斐重視へという変化である。労働時間規制などの改革も、そうしたトレンドに拍車をかけるだろう。
 『魂の刻(とき)』は著者が若い頃、一時住んでいた横浜を舞台にしている。横浜は関東各地のシルク(生糸・絹)の輸出拠点だったこともあり、横浜港に係留している氷川丸も、かつてシルクを欧米に運んでいた。私も半世紀前、横浜に住んでいたことがあり、公社住宅の一階は確かスカーフを織っていたと記憶する。街を歩けば、シルクセンター・シルク博物館があり、横浜はシルクとの関わりを今も残している。
 小説は、そうした歴史と地理を背景に、為替ディーラーの仕事をやめて親族からシルクの仕事を引き継ぐかどうか迷う主人公が、能面を制作する面打ち師の女性に面打ちを教わり、面打ちの魅力にとりつかれる。そして、妖艶な若い女を表す能面づくりに夢中になるが、地震で壊れてしまい、それを境に二人の関係も終わりをとげる。能の知識のない私の紹介では味も素っ気もないだろうが、能の世界の深さを感じさせる。
 それに、著者がやはり十年の歳月を経て、おだやかな恋愛小説を書いたところにしっとりとした滋味を感じたところである。
 10年前に書いたこのブログでは、「高齢者が健康で、意欲的な生活をおくるには、さまざまな条件をクリアせねばならない」と書いた。「その一つは、定年のない仕事に就いている人は別として、(中略)一生続く趣味、楽しみを若い頃から持つことだ。」と書いた。砂原氏はこの道をしっかり歩んできた。しかし、私自身はというと、そうだったとは言えない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年2月 2日 (土)

東京国立博物館の「顔真卿~王羲之を超えた名筆」を見た

 書道では、王羲之や顔真卿というと、神様みたいな存在だ。その顔真卿を中心に、王羲之、欧陽詢ら、中国の(世界の)名だたる筆者(書家)の作品を展示している東京国立博物館に行ってきた。

 文字(漢字)は事物や意思の表現・伝達の手段として発達してきた。文字の書き方には隷書、草書、行書、楷書などがあるが、それら全体を通して、顔真卿などの書家がどのように優れた書を書いたのか、素人の目で見て回った。
 展示の売り物は顔真卿の「祭てつ(女編に至)文稿」だが、混む日は行列で30分以上かかるからか、きょうは夕方、列がほぼ解消したにもかかわらず、係員が「立ち止まらないで」を繰り返し言っていた。これまでも、作品をじっと見る時間を与えず、「早く……」と追い立てられたことは何度かある。じっくり見ることができる工夫を求めたい。別の美術館だが、ムンクの絵の展覧会で作品の「叫び」を見たときは、列から離れてじっくり見ることができた。偶然だったのかもしれないが、そんなサービス精神が欲しい。
 ところで、この展示では当たり前かもしれないが、中国語の会話をする若い外国人がかなりいた。漢字自体、中国にルーツがあるから、当然かもしれないが。何事につけ、中国語やそのほかの外国語を話す人たちが日本の国内に増えていることを実感する。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月25日 (金)

毛里和子氏の新著の「はじめに――中国外交九つの瑕疵」に学ぶ

 現代中国論などの研究者である毛里和子早稲田大学名誉教授が昨年12月に出版した『現代中国外交』(岩波書店)。たまたま手にとって序文を読んだだけだが、それだけで、とても教わるところが多かった。こんな経験は初めてだ。

 「はじめに」の中で、毛里氏は、2017年夏、中国人の研究者である鄧いつ(律の右部分)文がSNSに投稿したつぶやき(毛里氏によれば、「中国外交の瑕疵9項」)を紹介している。
 米国に対する対抗的思考や態度を改めるべし、日本、韓国とは友好政策をとるべし、北朝鮮には制裁を強めるべし、台湾に一つの中国原則を押し付けることなく国際空間を与えるべし、平和主義者、ダライ・ラマのいるうちにチベット問題の過激化を避けるべし、南シナ海を独り占めする考えを改めるべし、……。現代中国の現実と改めるべき問題点が列挙されているように思われる。
 毛里氏は、これら瑕疵9項を本書の通奏低音とでも言えようかと述べている。
 私は、「はじめに」を読んで、鄧氏がこのような見解を対外的に表明できるぐらいの自由が、まだ中国には存在しているのか、という感想を抱いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2019年1月13日 (日)

日本のゾンビ化への警告

 「BLOGOS」(10日)に載った澤上篤人氏の主張「ゾンビ経済、ゾンビ社会」は、平成の30年間を「日本全体のゾンビ化」の時代だったと振り返っている。同氏は「自助自立の精神を捨て、他力本願と問題先延ばしでズルズルと悪い方向へ流れてしまうこと」をゾンビ化と表現している。

 そして、日本全体のゾンビ化は、「誰も抜本的な解決策を打ち出さないし、国民に訴えつつ行動に移す勇気も見識もない」ところに原因がある、と断言する。仰せの通りだと思う。
 政治における与党のおごり、野党の四分五裂、もっぱら賃上げ闘争中心の労働運動、行政組織の弛緩、企業活動における手抜き等々、原因として思い当たることばかりだ。
 そうしたゾンビ化にもかかわらず、何とか、格好がついているのは、赤字国債などの大量発行である。そして、反省もなく、いまも続いている。そして、いまや、国債発行残高の半分近くは日本銀行が保有している。その異常さを日本国民はほとんど感じていない。
 澤上氏は、我が国が「無為無責任のゾンビ化に身を任せ、総貧困化の道をひた走っているのだ」と指摘。「事実上の財政ファイナンスを続けているのだ。その先では、財政破たんと悪性インフレが大きな口を開いて待っている。そこまで行ってしまうのだろうか。日本全体のゾンビ化は」というところで、筆を止めている。
 2019年は、戦争勃発に至るおそれのある国家間対立や、先進諸国の国内政治の対立抗争、グローバル企業の活動への制約など、多面的に問題が噴出しそうな気配がうかがえる。澤上氏の主張は、貴重な警告である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月27日 (木)

難民問題を生々しく描いたドキュメンタリー映画

 映画「ヒューマン・フロー/大地漂流」を試写会で見た。難民問題というと、日本のメディアでは、中東・アフリカから船で地中海を渡ってギリシャなどに行き、そこからドイツ、フランス、イギリスなどの西欧諸国をめざすとか、ロヒンギャのバングラデシュへの逃避、また、メキシコから米国への国境越えなどとかが報じられてきた。だが、アジアでは難民問題は自らの国の問題と受け止められていない。したがって、私も、これほど多くの難民が存在し、深刻な事態になっているのを、この映画を見て初めて知った。

 パンフレットによれば、「貧困、戦争、宗教、政治的立場、環境問題など、さまざまな理由で増え続ける難民たち。その数は、2018年には過去最高の6850万人に上る」という。世界人口のおよそ1%にのぼる。そして、増える難民に対する先進国側の受け入れ拒否が目立ってきた。どこの先進国も、それぞれの言語、文化、生活様式などがあり、また、生活水準を保持しようとする国民が少なくないからである。

 一方、民族対立、宗教対立、戦争などで家財を失ったり、家族を失ったりして、生活基盤を喪失した人たちは、新たな生活拠点を求めて流浪の旅に出るしかない。それこそ命を懸けて、SNSなどで知った豊かな国を目指しているのである。だが、難民キャンプと国境封鎖は、そうした夢を打ち砕く。映画は、このような難民たちの苦悩する現実をありのままに映像化している。

 アイ・ウェイウェイ監督は2015年以降、中国を追われ祖国に帰れないという。中国はチベットやウイグル族を弾圧しているとされる。難民も発生していよう。そうした実態があったとしても、同監督は撮影を許されたかどうか。そんなことも想像する。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月24日 (月)

スポーツと災害が多い「2018年報道写真展」

 24日まで東京の百貨店で開催されていた東京写真記者協会主催の「2018年報道写真展」を見てきた。パンフレットの表の写真は、「羽生結弦、2連覇の舞い」と、「海岸を散策される天皇、皇后両陛下」および「シャンシャン、1歳に」であった。

 年末で、かつ祭日にあたる24日に見に行ったからだろう、おおぜいの人が見に来ていて、かなり混んでいた。目立ったのは、さまざまなスポーツの国際大会などで日本の選手がめざましい活躍をした写真である。いま一つ目立ったのは豪雨や地震などによる災害の写真である。

 災害もスポーツも、すぐれた写真一枚を見ただけで、瞬時に、なにが起きたかがわかる。そういう意味で、百貨店に来たお客は写真展を見て満足しただろう。

 しかし、ことしの報道写真展では、写真になりにくい出来事を写真にして新聞に掲載したり、テレビで放映するという意味でのすぐれた写真が少ないように思われる。政治や経済、社会といった分野での報道カメラマンの活躍が望まれる。

 また、今回の写真展では、激動する海外の出来事を知らせる写真がほとんどなかった。カメラマンを海外に派遣する財政的な余裕がないからかもしれないが、今の世界を広く、かつ深く取材し、写真や動画で報ずることはメディアの重要な責務ではなかろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月22日 (土)

国の2019年度一般会計予算案が100兆円を超えた

 日本政府は12月21日、来年度の一般会計予算案を閣議決定した。歳出の総額は101兆円余(18年度比4兆円弱の増加)。歳入は税収が62兆円余で、新規国債発行は33兆円弱。基礎的財政収支は9兆円強の赤字を見込んでいる。19年10月の消費税2%ポイント引き上げによる景気低迷を懸念して、多様な歳出増大策を盛り込んだ。

 安倍内閣のこれまでを考慮すると、当初予算に加え、さらに来年度の途中、補正予算を組んで、歳出を増やす可能性すらある。これまでの放漫財政の結果、国債発行残高は1000兆円に及び、およそ財政健全化とは逆の財政危機深化が進行している。にもかかわらず、与党にも野党にも、現在、そして将来の財政のありようについて真剣な議論や審議を行おうとする気配がほとんどうかがえない。

 来年度一般会計予算の歳入では、消費税引き上げによる税収増が年2兆円ほどとされる。一方、国民生活や企業活動に及ぶ税負担増を抑えるための歳出は2兆円をはるかに上回るという。消費税増税で国庫に入る金額よりも、もっと沢山の歳出を消費税引き上げ実施にからんださまざまな名目でばらまくーーこれはクレージーとしか言いようがない。

 スエーデンなどの福祉国家を参考にすると、消費税が上がるのは、社会保障の充実などをもたらすといった、プラスの評価を国民に説くのが政府の役割だろう。あわせて、利益をためこんでいる企業への課税を強化するとかしていい。安倍政権は消費税に対する国民の受け止め方を真逆にさせようとしている。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年12月 9日 (日)

「エコプロ2018」を見て回った

 毎年、いまごろになると、東京ビッグサイトでエコプロダクツ展(ことしは「エコプロ2018」という名称)が開催される。今年は12月6~8日にビッグサイトの東1ホールから6ホールまでと広く展示されていた。

 過去、十回以上、展示を見に訪れた。ことしは、産業革命前からの気温上昇を2℃未満に抑えるというパリ協定で定めた目標を実施するため、世界が具体的なルールづくりに取り組む年なので、エコプロ展もそれに対応して、目新しい展示があるかと期待した。しかし、環境経営の紹介のほかには、目立ったものはなかった。見落としたかもしれないが。

 ことしは「社会インフラテック」というくくり方で道路、橋梁などのインフラを維持するための技術に焦点を当てた展示が設けられた。これを”エコプロ”という範疇でとらえるのはどうか、とも思うが、目新しいので訪問者にはおもしろかったのではないか。

 エコプロが始まって間もない頃は、自動車、電子・電機、電力、石油、鉄鋼、製紙、化学などの大企業が競うように出展した。なじみのある製品が展示されていたので、見て回るのも楽しかった。しかし、今回は、もう何年も前からそうであったように、技術に特化した展示など、しろうとにはよくわからないものが多かった。

 本来、個人的に関心の高い技術、製品・サービスの展示を中心に見て回るのが楽しいし、勉強になる。とはいえ、そのためには会場を丹念に見て歩く必要がある。そして、知らないものに出会って新たな知識を得る。そういう点から、やはり、あっちこっちと細かく見て回る必要がある。結局は、足を棒にして見て回るしかない。今年も、そうだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アフロヘア、稲垣えみ子の著書『魂の退社』、『寂しい生活』の透徹

 アフロヘアの新聞記者として知られた稲垣えみ子さんが、福島原発の事故と節電を真正面から受け止め、電気の利用をはじめとして、皆が当たり前に思っている現代文明や消費生活など、暮らしの根本のありかたを問い続け、自ら、答を実践するーーその思索と行動のプロセスを書いた著作を2冊読んだ。

 仕事柄、文章はこなれ、自身の思考と実践の過程をわかりやすく読ませる。が、その突き詰める思索と実践の循環は、求道の宗教者の生き方のようにも思われる。混迷の世界を根底から理解するうえでも、2冊の本は少なからず示唆を与える。

 稲垣氏の文章を一カ所だけ紹介したい。

 家電を例に、「モノは結局のところ人を救うことはできないのではないでしょうか。消費社会とは、モノを売ったり買ったりすることができる健康で強い人たちのサークル活動です。それは一方で、本当に救いを求めている人たちをはじき出していく会員制クラブに成り果てている。だから、みんなはじき出されまいと必死です。いつまでも若く健康で老いることなくポックリ死にたいと切ないばかりに誰もが願っている。でもそんなこと無理ですよ。……だから誰もが恐怖の淵を怯えながら生きています。」

 「これが戦後、懸命に働いて経済成長を成し遂げた日本の姿だったのか。」

 著者は「私たちは便利になったと喜んでいる一方で、もしかすると、「生きる」ということを少しずつ手放しているんじゃないか?」と、現代を総括している。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«教員の長時間労働をどうやって減らすか