« 「タイタニック号」の不安 | トップページ | 映画「日本沈没」を見て »

2006年7月30日 (日)

複雑で難しい財政問題

 財政問題は実に複雑で難しい。「いつ破綻してもおかしくない危機的な状況だ」という見方もあれば、「バランスシートの負債だけ見るのはおかしい、資産を差し引いたら、さほどの問題ではない」という見方もある。

 増税するとしても、「消費税のように、広く負担し、税収が安定的なものの増税がいい」という見方がある一方で、所得税や法人所得税のような直接税を上げるべきだという意見もある。所得税などの上げ方にしても、「カーブを高くすべきだ」という意見があるが、半面で、「高くすると、外国に逃げていく人や企業が増える」という指摘もある。また、日本では「課税最低限が高いので、所得税を払わない人の割合が多すぎる」として、「課税最低限を切り下げるべきだ」との意見もある。要するに、誰もが増税は嫌なのである。

 そのくせ、国民の多くは自分に関係のある歳出を減らすことには反対する。それどころか、増やすべきだという意見が多い。国・地方の議会では、「○○への助成を増やすべきだ」などという要求が目に付く。「○○への予算はカットすべきだ」などという意見はまず出ない。

 だが、高い経済成長は期待できない。借金は沢山ある。しかも環境・資源問題が立ちはだかる。日本の将来ビジョンを描く中で、財政再建の道筋をつける必要があるが、国民がエゴを抑え、対立を克服して合意を形成するのは至難の技だ。でも、やらねばならない。

|

« 「タイタニック号」の不安 | トップページ | 映画「日本沈没」を見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 複雑で難しい財政問題:

« 「タイタニック号」の不安 | トップページ | 映画「日本沈没」を見て »