« お客様の視点を欠くお役所仕事 | トップページ | 霞が関OBの述懐 »

2006年11月28日 (火)

自民党復党問題と平沼氏

 郵政民営化法案に反対し、自民党を離れていた国会議員の復党問題が決着した。復党願いを提出した12人のうち、いまもって郵政民営化には反対の信念を持っていて、誓約書を出さなかった平沼赳夫氏だけは復党を認められなかった。

 平沼氏とて信念にこだわることのプラス・マイナスを考えたことだろう。だが、この信念を曲げなかったことで、平沼氏は自民党に大きな貸しをつくったと言えよう。全員を復党させたなら、世間は、無原則で票のためなら何でもするという古い自民党の復活と批判するに違いない。その結果、来年の参議院選挙では、小泉前首相が指摘しているように、国民の厳しい批判を浴びることになる可能性が強いからである。

 民主党の小沢代表にしても、全員復帰は自民党叩きの絶好の材料と考えていただろう。それだけに、残念だという思いと、信念を貫いた平沼氏への敬意とが心の中で交錯しているのではなかろうか。

 安倍首相は平沼氏のおかげで救われた。ついている。しかし、つきだけでは政権は長続きしない。補正予算、07年度予算など、首相の指導力が問われる課題が待っている。

|

« お客様の視点を欠くお役所仕事 | トップページ | 霞が関OBの述懐 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自民党復党問題と平沼氏:

« お客様の視点を欠くお役所仕事 | トップページ | 霞が関OBの述懐 »