« 国の出先機関の見直し | トップページ | 現役のジャーナリストへ一言 »

2007年5月30日 (水)

まじめにCSRに取り組め

 いま経済界で流行の1つがCSR(企業の社会的責任)である。しかし、著名な企業であっても、CSRが会社の中に、つまり経営者から平社員までに本当に浸透しているかといえば、まことに疑わしい。そうした事例を3つ挙げる。

 1=最近、派遣ユニオンの関根秀一郎書記長から日雇い(スポット)派遣労働の実態について聞いた。グッドウイル、フルキャストといった大手派遣業者は1日に2.5万人とか1.5万人の日雇い派遣労働者を動かしている。しかし、そこで動員される派遣労働者は単なる労働する機械であって、全く人間扱いされていないことがよくわかった。派遣する会社は顧客事業所から求められる員数を送り込めばよいとしか考えないし、その日限りのマンパワーを求める受け入れ事業所のほうも、労働する機械がちゃんと動くよう監督しているだけ。労働者がどんな思いをしているかなんて考えもしない。

 桐野夏生の『メタボラ』には、人間性を無視した非正規雇用の一面が描かれていた。労働現場が人間の心や感情を無視していれば、社会は荒れる。正社員であっても、長時間労働などで人間性が損なわれる。人間の尊厳を踏み付けにする企業は本来、社会に存在する価値がない。

 大和インベスターリレーションズはフルキャストのインターネットIRサイトを2007年優秀企業に選んだ。しかし、そのサイトは、フルキャストと派遣ユニオンがことし2月26日に結んだ協定書について触れていない。協定書には、フルキャストが違法等の行為について謝罪したり、廃止したりしたことが書かれているのにだ。

 2=流通業界では、二大スーパーを中心に激しい競争を繰り広げている。最近は、それぞれ自社ブランドの商品数を増やしているのが目に付く。また、新聞配達の折込でくるスーパーの広告は毎日の安売り商品を大きく取り上げている。消費者にとっては安く買えるのは魅力だ。しかし、自社ブランド製品の拡大にせよ、安売りにせよ、メーカーからの仕入れ値を相当叩くことで可能になるものである。もともと、消費者と生産者とは敵対する関係ではないはずだが、スーパー、大型専門店は巨大なバイイング・パワーによって生産者に安く売れと無理強いしている。それが生産者にコストダウンの努力を促すなど、いい面もあるが、行き過ぎると、豆腐など安売りの目玉になるような商品をつくっているところが廃業に追い込まれるようなことが起こる。資源の無駄づかいになる新製品ラッシュも、流通業界の過当競争や巨大なバイイング・パワーに起因する。

 フェアトレード(公正な取引)の運動はこうした流通業界の過当競争、バイイング・パワーの行き過ぎに対する異議申し立てである。あまりにも安く買い叩かれている生産者がまともな値段で売れるようになるし、他方、消費者は直接に生産者から購入することにより品質などで安心できる。それによって生産者と消費者とが信頼と共存の関係を築くことができるようになる。グローバル競争のもとでは、きれいごとを言ってはいられないとの反論もあろうが、スーパーや、家電などの大型専門店は資源の節約、環境保全、社会の安定などの制約を踏まえた新しいビジネスモデルを模索していくべきだと思う。

 3=たまたま、15インチ液晶テレビ(6年前に購入)を修理してもらった。熱で劣化した端子基板を取り替えたとのことで、端子基板の取り替え、修理技術料、出張料合わせて2万3千円余かかった(端子基板の値段をまけてもらってのこと)。いま、同じサイズの液晶テレビの新品は実売価格で6、7万円ぐらいだろう。これでは、3RのReduceやReuseは掛け声だけになる。

 メーカーとしては新品を売るほうがもうかるだろうが、それでは私たちの社会は資源エネルギー多消費型から脱することができない。修理の際に必要な部品代は、テレビをつくったときの当該部品のコストに近い値段に抑えるべきだろう。技術料だけでも1万円はとるのだから、取り替え部品の代金まであこぎな商売をするのはやめてほしい。

 安倍首相が2050年に温室効果ガスの排出量をいまの半分にするという方針をぶちあげた。大賛成だが、いままでのビジネスの延長線では実現不可能だ。流通業界にせよ、家電業界にせよ、根底から自らの商売のやりかたを問い直さねばならない。

|

« 国の出先機関の見直し | トップページ | 現役のジャーナリストへ一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/15259218

この記事へのトラックバック一覧です: まじめにCSRに取り組め:

» 液晶テレビを失敗しない買い物術 [液晶テレビを失敗しない買い物術]
液晶テレビをボーナスで買って満足する人、ローンで買って失敗する人、その違いとは? 液晶テレビを失敗しない買い方を知りたい方は他にいませんか? [続きを読む]

受信: 2007年5月31日 (木) 23時04分

» 液晶テレビ [液晶テレビ]
液晶テレビが激安で変える時代がやってきましたいろんなメーカーを比較してみてもやっぱりシャープのアクオスが強いですね価格も質もシャープがお勧めですよ [続きを読む]

受信: 2007年6月 1日 (金) 01時40分

« 国の出先機関の見直し | トップページ | 現役のジャーナリストへ一言 »