« 暑いーーこれはただごとではない | トップページ | JR東日本への注文 »

2007年8月18日 (土)

サブプライムローンが震源の株価大幅下落

 17日の日本の株式市場急落は右肩下がり。途中で上向く様子はほとんどなかった。新興国の市場も含めて今週は世界の株式相場が大幅に低落した1週間だった。

 この株価下落は、米国の住宅価格下落などによるサブプライムローン(低信用個人向け住宅融資)の焦げ付きに端を発しているとのことだが、しろうとの目から見て、いろいろ疑問がわいてくる。

 住宅価格が下がれば、たちまちローン返済に窮する人が出てくる、というのは、相当に無理なビジネス。それを住宅ローン会社はわかっていたはずだ。住宅ローン会社はローン債権を担保に金融機関から資金を調達したり、ローン債権を証券化してリスクを機関投資家などに分散していたようだが、融資金融機関や機関投資家はサブプライムローン自体の無理な仕組みを承知の上で、高リターンでもうかるから、という単純な発想で融資ないし投資をしたのではないか。

 ヘッジファンドなどは投資の対象の選定、売買などで高い成果をあげるため、調査や運用の専門家を抱えているが、投資対象1つひとつのリスクについてどこまで知っているのかと疑問に思う。サブプライムローンについていえば、その仕組みや構造的な問題点まできちんと理解してから投資に踏み切ったのか。

 まして、投資ファンドに資金運用を委ねている機関投資家など(の担当者)がそうしたリスクに関して十分に理解していたか疑わしい。人は自分個人の資産運用となると真剣だが、他人のカネとなると、判断が甘くなるからだ。

 投資ファンドなどでは運用担当者などに対して運用成果に応じた報酬制をとっている。それによって真剣に仕事をしてもらうわけだが、そこにも問題がある。即ち、運用に失敗しても、せいぜいクビになるだけだから、彼らは大きな報酬をねらって、どうしてもリターンの大きさを追求しがちになるのである。その結果、滅多に起きない大きなリスクに対する備えがおろそかになる。

 金融派生商品(デリバティブ)など、しろうとにはわけのわからない投資商品が増えれば増えるほど、金持ちあるいは年金、投資信託などの機関投資家は資金運用の専門業者に運用を委せる傾向がある。多くの年金基金は毎年の運用成果を比較して、どこに運用を委託するか決めている。また、個人の株式投資でも「一任」のように、運用を完全に専門業者に任せてしまうことすら普通に行なわれている。

 いまやグローバル化でカネの移動には国境はない。しかし、運用されている投資資金の大半が運用のプロの手に委ねられているのである。何年かに1度しか訪れないリスクを気にしていては、やっていられない運用のプロの手にだ。それだけに、大きなリスクが顕在化すると、プロたちはいっせいに同じ方向に動く。世界的な暴落を引き起こすこうした構造に制約を課さないと、もっと大きな危機を招くおそれがある。短期資金の国際間移動に規制をかけることが必要かもしれない。 

|

« 暑いーーこれはただごとではない | トップページ | JR東日本への注文 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/16157208

この記事へのトラックバック一覧です: サブプライムローンが震源の株価大幅下落:

» 株式投資部門情報商材−2007.8.18 集計ランキング更新☆ [株式投資部門-情報商材・評価ランキング10☆]
株式投資情報商材の2007.8.18集計ランキング◇◆◇◆◇ [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 18時30分

» kabu [kabu株]
株式投資の基礎知識をしっかり身につけておきましょう。kabu comさんに負けないサイトに育てたい。 [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 18時36分

» 投資信託について [投資信託:大和証券 不動産 郵便局 ガイド]
ひとことでいうと投資信託とは、「投資家から集めた資金を運用の専門家が株式や債券などに投資して運用する金融商品で、その運用成果を投資家に還元する仕組み」のことです。 [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 21時13分

» 住宅ローン [投資 投資としての不動産]
サプライムローンの問題で世界経済に大きな影響を与えています。 サプライムローンについて少し勉強しておいてください。 [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時03分

» 城南信用金庫 [城南信用金庫]
城南信用金庫のお得情報などなど。。いろいろ書いたブログです! [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時14分

» サブプライムローン 問題 破綻 用語 仕組 延滞率 金利 意味 [■FX・株式投資家向け■相場に大打撃!?「サブプライムローン問題」徹底解説]
2007年8月NY株や日本株の大幅下落、為替相場の急激な円高、 予想外の相場の急変に苦しまれる投資家は多いはず。 各相場の急落の根本にあるのが米住宅市場の懸念材料とされる 「サブプライムローン問題」。 今回は同問題について徹底的に解説すると共に、 今後サブプライムローン問題がマーケットに与える影響について 作成者の予想を交えながら解説します。 世界経済に大きな影響を与えている、 アメリカのサブプライムローン問題に... [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時19分

» VISTA投資信託とは [VISTA ファンド 投資信託]
投資信託の中でVISTAというファンドがあります。 VISTAはマザーファンドを通じて、主にベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコアルゼンチン)諸国の関連株式等に投資することによって信託財産の中長期的な成長を目指します。 [続きを読む]

受信: 2007年8月18日 (土) 22時58分

» まずは負けしない事 [副業塾☆株式投資で月収10万円]
「副業塾☆株式投資で月収10万円」の塾長です。 今日は「まずは負けしない事」です。 株での商いには、リスクがつきものです。 ビギナーは、ガッツリ利益を出す事を求めがちですが、まずは負けしない事が大事です。 まずは勝ちよりも、負けを回避するのです。 その為...... [続きを読む]

受信: 2007年8月19日 (日) 00時03分

» 投資信託の種類 [投資信託のススメ]
投資信託といっても、いろいろな種類があることはご存じでしょう。アクティブとかパッシブとか、投資信託の名前によく使われています。 [続きを読む]

受信: 2007年8月21日 (火) 19時42分

» 投資資金の逃避先は世界中を探しても構造的に存在しなくなっている [にほん民族解放戦線^o^]
アメリカのサブプライムローンの焦げ付きによる影響が日本にも及び、大幅な株式暴落と円高が起きている(中国による米国債売りも絡んでいるとの話も…)。一旦は持ち直したようだが、この混乱は楽観視はできないだろう。 今後どうなっていくのだろうか。 「株式日記と経済展望」さんhttp://www5.plala.or.jp/kabusiki/kabu150.htm(8月18日)はこう予測している。 日本は経済力があるから1500兆円もの資産消滅が起きても何とか持ち堪えましたが、アメリカで株と不動産の暴落で資... [続きを読む]

受信: 2007年8月22日 (水) 18時10分

« 暑いーーこれはただごとではない | トップページ | JR東日本への注文 »