« 年金の地域経済に占める役割の大きさ | トップページ | 消費者・投資家が力を持ち、市民が力を失ったというライシュ »

2008年8月 9日 (土)

北京五輪の開会式

 北京オリンピックの開会式をテレビで見た。長年の念願がかなって、中国が世界の一流国の仲間入りをしたのだという喜びと気負いに満ちあふれていた。いささか自己陶酔の面もないではなかったが‥。

 開会式のショーは、最新のエレクトロニクス等の技術、世界最大の人口を反映したかのような人海戦術、および、さまざまな発明や文化を生み出してきた5千年の歴史の3つを基本に構成されていた。そして、活版印刷技術の発明を表現するところで「和」という文字を浮き上がらせたように、世界中の国々が仲良く平和に暮らす「一つの世界、一つの夢」という理想を強調した。

 しかし、スポーツの祭典に、これほど政治(権力)を感じさせるオリンピック開催は珍しい。いまの中国は貧富の極端な格差、都市と農村の格差、共産党や官僚の腐敗、少数民族抑圧、言論統制など実に多くの矛盾、問題を抱えている。それらが中国を訪れる外国人の目にふれないようにするため、強圧的に“臭いものにフタ”をしたりしている。

 グルジアが親ロシアの南オセチア自治州を力づくで言うことをきかせようとしたため、ロシアがグルジアに軍事攻撃を開始したのが北京五輪開会式とほぼ重なった。今夏の広島、長崎の原爆慰霊の式典で、核兵器廃絶を強く訴えたが、これまで中国も、ロシアも廃絶には否定的だ。そんなこんなを考えると、北京五輪は中国(共産党)の国威発揚に終わる可能性を否定できないが、外国(人)との接触を通じた“開放”によって国民が世界を知ってしまった影響は相当なもののように思う。

 ところで、各国の代表団の入場行進を見ると、国家・国旗がいかに大きな力を持っているものかが改めてわかった。国連などで厳しく糾弾されている問題国の選手らにしても、行進中、喜々としていた。

 普段、サッカーなどの選手は国境を超えてあちこちのチームで働いている。個人としての能力を売っているのである。ところが、オリンピックとなると、突然、母国のオリンピックのために編成されたチームの選手としてふるまう。グローバリゼーションの時代といえど、オリンピックは国と国との闘いという国家意識、愛国心を高める役割を果たしているのである。

 地球温暖化など、国境を超えて人類が取り組まねばならない難問が増えている。ところが、政治とは離れているはずのオリンピックにおいて、国という仕切りがこれまでも、これからも大手を振っているのは奇妙な感じがしてこないでもない。国家意識をかきたてるオリンピックは時代遅れの存在なのかもしれない。

 米国の代表団からは、米国がまさに多民族国家であることを感じた。おそらく、米国はメダルの獲得数に目の色を変えない唯一の国であるようにも思う。  

|

« 年金の地域経済に占める役割の大きさ | トップページ | 消費者・投資家が力を持ち、市民が力を失ったというライシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/42117572

この記事へのトラックバック一覧です: 北京五輪の開会式:

« 年金の地域経済に占める役割の大きさ | トップページ | 消費者・投資家が力を持ち、市民が力を失ったというライシュ »