« 国債の利子だけで10兆円超に | トップページ | にぎわいそうな自民党総裁選 »

2008年9月 2日 (火)

麻生新首相は冒頭解散し、選挙で勝つという筋書き?

 福田首相はなぜ突然、辞任を表明したのか。ある説によれば、公明党が給油延長法案を再議決で通そうというのに絶対反対であること、および、自民党の幹部の中にすら、福田首相では解散、総選挙は闘えないという声が出てきたことで、すっかり頭にきたという。1年前、本人は引退し、息子にバトンタッチする準備をしていたとか。そこに、是非、福田氏にと自民党がかついだはずなのに、その自民党の幹部から反福田的な発言が出てきたことに怒ったというわけだ。それと、世論調査で、いっこうに支持率が上がらないのにごうを煮やしたということもある。

 ポスト福田は麻生太郎幹事長が本命といわれる。下馬評では、小池百合子氏などが対抗馬とされる。女性候補が出れば、余計、メディアは大きく取り上げる。このように、対立候補が出れば、メディアは自民党の総裁選報道で一色となる公算が大きい。かたや、民主党は小沢代表が政策を何ら述べることもなく無投票で代表に選ばれるため、国民の関心から完全に外れる。民主党の無投票選挙は自民党を利することになる。

 そして、冒頭の説によれば、麻生氏は総理大臣に選ばれたら、直ちに衆議院を解散するだろうという。麻生氏は問題発言もあり、長く総理大臣の座にあれば、馬脚を現わす可能性が十分ある。したがって、最も“麻生株”が高いときに解散、総選挙を行なうのではないかというわけだ。

 その筋書き通りに行けば、自民党が勝つ可能性が大きいが、参議院とのねじれ現象は変わっていない。そこで起きるのが政界再編成だという。自民党も民主党も分裂し、主義主張や政策で離合集散するのではないかという。

 これまで、自民党にしても、また連立政権にしても、柱となる理念はなかった。何がなんでも政権にしがみつくということにすぎなかった。民主党のほうも、思想的に右から左までいて、政治理念や政策はどこ吹く風、とにかく現政権を倒し、自分たちが政権をとるのだということだけだった。何をするのかは二の次であった。

 与党や野党の状況を踏まえると、ここに述べた説は真実をうがっているか、それからそう離れていないような気がする。米国の大統領選挙について、日本のメディアは民主党のオバマ候補らにいささか肩入れしているようにもうかがえるが、日本の9月決戦も、メディアの言うことを鵜呑みにしては間違うかもしれない。 

|

« 国債の利子だけで10兆円超に | トップページ | にぎわいそうな自民党総裁選 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/42362398

この記事へのトラックバック一覧です: 麻生新首相は冒頭解散し、選挙で勝つという筋書き?:

« 国債の利子だけで10兆円超に | トップページ | にぎわいそうな自民党総裁選 »