« 労組も温室効果ガス削減中期目標で経営側と足並みを揃えるのか | トップページ | 辻井喬(堤清二)氏の講演 »

2009年5月28日 (木)

党首討論を聞いて

 きのうの党首討論(国家基本政策委員会(衆参)合同審査会)を一部、テレビの生放送で聞いた。麻生太郎首相と鳩山由紀夫民主党代表の「人間力」とも言うべきもののレベルが感じられ、興味深かった。

 麻生首相の話は、しゃべった通りを文字にしたら、何を言っているのかが非常にわかりにくいに違いない。新聞で読めば、記者がわかりやすく直しているから、あまり感じないが、耳から聞くと、繰り返しが多く、非論理的なこと、そして、中身のないことがよくわかる。

 著名な政治家や元政治家などには、しゃべった内容を忠実に文字にしたら、全く非論理的な人がいる。本や雑誌に掲載するとき、ほとんど全文を書き直さねばならない。しかし、講演などを聞いているときは、聴衆を惹きつける。アドルフ・ヒトラーのように、演説など言葉には力があることは事実だが、麻生首相には、そうした“魅力”もない。

 一方の鳩山民主党代表はいささか勉強不足というか、追及の度合いが浅いという印象が強かった。「官僚支配」というだけでは説得力がない。誰もがうなづかざるをえない具体的な事実で迫ってほしかった。ただ甲高い声でキーキー叫んでいるような感じがした。

 普段の国会論戦もそうだが、与党は一切、補正予算案を修正しようとしない。神様ではないから、予算の全てが完璧であるはずがない。修正するために国会審議があるはずだ。だが、いまの与党の姿勢は、政権をとったほうが、多数決、つまり数の論理でごり押ししているとしか思えない。麻生首相の答弁にもそれが表れている。

 いまの姿は、選挙で勝ちさえすれば何をしてもよいということである。それが政治を形骸化している大きな原因だ。民主党が政権をにぎったときに、同じことが起こるのではないかと心配だが、そうでなければ、日本の政治は大きく前進するだろう。

|

« 労組も温室効果ガス削減中期目標で経営側と足並みを揃えるのか | トップページ | 辻井喬(堤清二)氏の講演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/45152962

この記事へのトラックバック一覧です: 党首討論を聞いて:

« 労組も温室効果ガス削減中期目標で経営側と足並みを揃えるのか | トップページ | 辻井喬(堤清二)氏の講演 »