« セブンーイレブン・ジャパンに欠けていたこと | トップページ | 「足利事件」と「裁判長のお弁当」とを考える »

2009年6月24日 (水)

最後?の“骨太の方針”

 政府の「経済財政改革の基本方針2009~安心・活力・責任~」(「骨太の方針」)が23日の閣議で決定された。「短期は大胆、中期は責任」との観点から、財政健全化を推進し、財政健全化目標を次のように定めた。

 「①国・地方の債務残高の対GDP比を基本目標と位置づけた。これを2010年代半ばにかけて少なくとも安定化させ、2020年代初めには安定的に引き下げる。②今後10年以内に国・地方のプライマリーバランス(PB)黒字化の確実な達成を目指す。また、利払い費を含む財政収支の均衡を視野に入れて収支改善努力を続ける。③まずは景気を回復させ、5年を待たずに、国・地方のPB赤字(景気によるものを除く)の対GDP比を少なくとも半減させることを目指す。ただし、世界経済等の流動的要素にかんがみ、時宜に応じた検証を行う。」

 しかし、この「骨太の方針2009」は、社会保障費の自然増を抑制(年度ごとに2200億円)するというこれまでの政府の方針を撤回しているし、「昨年度とは異なる概算要求基準を設定し、メリハリの効いた予算編成を行う」と述べている。与謝野財務相は党内のばらまき圧力で後退するばかり。総選挙を前にして、財政健全化の前途は一段と険しくなった。

 小泉政権のもとでは、経済財政諮問会議が改革志向を鮮明にした「骨太の方針」をつくり、それを与党や政府に押しつけることができた。だが、ポスト小泉では総理大臣の強力なリーダーシップがないため、改革の揺り戻しが始まっている。おりしも、総選挙で自民党が下野する可能性は日に日に高まっているから、「骨太の方針2009」も短命が予想される。

 ただ、財政悪化の進行は民主党が政権の座に就こうと変わらない現実である。既得権益のしがらみが自民党よりは少ないから、財政改革をやる気になれば、民主党は相当のことができるはずだ。そこに期待するしか道はない。

 

|

« セブンーイレブン・ジャパンに欠けていたこと | トップページ | 「足利事件」と「裁判長のお弁当」とを考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/45443795

この記事へのトラックバック一覧です: 最後?の“骨太の方針”:

» 時宜にかなった言葉 [聖書名言集]
「時宜にかなって語られることばは、銀の彫り物にはめられた金のりんごのようだ。」 旧約聖書 箴言 25章11節 言葉には、人を慰め励まし勇気を与える力がある。 また、それとは反対に、傷つけたり恐怖を与えたりすることがある。 特に、時宜にかなって語られた言葉には、 聞..... [続きを読む]

受信: 2009年6月26日 (金) 08時18分

» 雇用劣化不況 [雇用劣化不況]
雇用劣化不況 [続きを読む]

受信: 2009年7月17日 (金) 01時23分

» 広告業界 不況 [広告業界 不況]
広告業界 不況 [続きを読む]

受信: 2009年7月17日 (金) 12時05分

« セブンーイレブン・ジャパンに欠けていたこと | トップページ | 「足利事件」と「裁判長のお弁当」とを考える »