« 財務省による予算執行調査 | トップページ | 選挙“口約”にはうんざり »

2009年7月 8日 (水)

潮流の変化

 衆議院総選挙が行われる前だが、個人的に話をした人たちの全員が、いまの自民党・公明党連立政権は敗れ、民主党が勝つと予想している。よく知っている官僚OBで、骨の髄まで自民党的なエリートでさえ、自民党の下野は必至と思っている。東国原宮崎県知事をかつぎ出して挽回をはかろうという動きは自民党の末期的な症状だろう。

 自民党が政権の座を手放すとなると、思い出すのは、1993年8月の宮沢内閣の総辞職と細川内閣の誕生だ。8つの政党・会派から成る細川内閣は短命に終わり、1994年4月誕生の羽田内閣にあとを譲るが、これはわずか64日で終わった。そして1996年1月、自民党、社会党、新党さきがけの連立政権(村山内閣)という形で自民党は政権党に復帰したのだが、野党になった自民党政治家のショックは大きかった。

 官僚とべったりだったのに、自民党が野党になったとたん、霞が関の官僚は自民党への扱いを格下げにした。すなわち、それまでは局長が出向いて説明していたのが課長しか来なくなったとか、といったたぐいのことである。冷や飯を食ったことがなかった自民党政治家は激しく怒ったらしい。そうした“浪人暮らし”が辛くて、自民党は村山社会党党首を総理大臣にまでして政権政党に戻ったのだが、その“浪人暮らし”が目前に迫ってきている。

 民主党の政治家がパーティなどであいさつしたり、シンポジウムなどで話したりするとき、最近は聞いていて、総選挙での勝利、すなわち政権を握ったつもりの話しっぷりに少しずつなってきているように感じる。逆に、自民党の政治家の中に、野党になったときを想定した発言がときどき聞かれる。勝敗がすでに決したと覚悟しているのだろう。

 ある業界団体のパーティーでは、従来、少なかった民主党議員のあいさつが増えた。聞いていると、自民党の相似形みたいな面があるようにも思えた。

 ところで、おもしろいもので、官僚たちは最近、にわかに活気づいているらしい。この経済危機で大規模の景気対策を実施することになったし、日本政策投資銀行などを使って経営ピンチに陥ったビッグビジネスを救済するなど、政治が「大きな政府」に転換したからだ。十分に検討されたとは言い難いようなプロジェクトなどに政府のカネ(予算)がついて、さすがの官僚もとまどっているといううわさも聞く。

 麻生総理大臣がいつ解散を決めるかなど、目先の出来事をフォローするのもいいが、事態は自民党の敗北、民主党の勝利を折り込みずみで、その先を読む段階のようである。 

|

« 財務省による予算執行調査 | トップページ | 選挙“口約”にはうんざり »

コメント

東国原知事は何がやりたいのかよくわかりませんね。
宮崎に親戚がいますが半分あきれてました。
それでもまだ結構人気はあるようですが・・・

投稿: newyoutuber | 2009年7月11日 (土) 02時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/45577752

この記事へのトラックバック一覧です: 潮流の変化:

« 財務省による予算執行調査 | トップページ | 選挙“口約”にはうんざり »