« おもしろかったトヨタ新社長の会見 | トップページ | 中国の労働事情を『階級のない国の格差』(増田英樹著)で知る »

2009年10月 3日 (土)

都道府県の債務は80兆円、市町村の債務は53兆円

 総務省が都道府県および市町村の普通会計の08年度決算集計(速報)を2日に発表した。

 都道府県の歳入は48兆0458億円、歳出が47兆3490億円、市町村は歳入が49兆5838億円、歳出が47兆8347億円だった。

 これに対し、地方債および債務負担行為による債務から積立金残高を差し引いた実質的な“借金”残高は都道府県が80兆4932億円、市町村が53兆1644億円だった。前年度に比べ、それぞれマイナス0.1%、マイナス2.8%と減った。

 一方、標準財政規模を100としたとき、地方公社等を含め一般会計等が抱える“借金”がどれだけあるかを示す将来負担比率をみると、都道府県は219.3、市町村は100.9だった。大ざっぱにいうと、都道府県は歳入の2.2倍の借金を抱え、市町村は歳入とほぼ同額の借金を抱えていることになる。

 ただし、市町村のほうは財政危機の深刻なところがいくつもあるなど、都道府県に比べばらつきが大きい。全体の数値だけでは市区町村の持つ問題点がわからないというわけだ。

|

« おもしろかったトヨタ新社長の会見 | トップページ | 中国の労働事情を『階級のない国の格差』(増田英樹著)で知る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/46385543

この記事へのトラックバック一覧です: 都道府県の債務は80兆円、市町村の債務は53兆円:

« おもしろかったトヨタ新社長の会見 | トップページ | 中国の労働事情を『階級のない国の格差』(増田英樹著)で知る »