« コペンハーゲン合意をテークノートするという結論 | トップページ | 「知らなかった」ではすまされない »

2009年12月23日 (水)

財政破綻の惨劇が来年幕を開ける?

 鳩山政権の2010年度予算案で、子ども手当はマニフェスト通りに実施することになった。支持率が低下してきた鳩山内閣にとっては挽回の材料になるかもしれない。しかし、15歳以下の子供たちや、これから生まれてくる子どもたちは、国債発行残高にみられる日本財政の借金の山を背負わされる宿命にある。まさに、「往きはよいよい、帰りはこわい」である。

 10年度予算では、国債の新規発行は約44兆円にとどめるという藤井財務相の主張に沿ったものになるようだ(小泉内閣が30兆円以下にとどめるという方針を打ち出した頃が懐かしい)。2010年度の税収が今年度(約37兆円)並みなら、国債費約21兆円を差し引くと、残るは約16兆円だけだ。地方交付税交付金は17兆円を超えるから、それを払うとすると若干のマイナスになる。つまり、一般歳出に振り向けるカネはゼロということになる(個人生活に例えれば、給料から住宅ローン返済や親への仕送りをしたら、手元には1円も残らず、生活費はすべて借金に頼るしかないという状態である)。

 ところが、一般歳出(社会保障関係費が約半分を占める)について、政府は約54兆円を計画している。全額をどこかから調達しなければ勘定が合わない。その内訳が国債発行約44兆円と埋蔵金発掘約10兆円ということになる。埋蔵金といっても、特別会計などから余裕資金を召し上げるもので、毎年、召し上げるというわけにはいかない。

 このように、国の財政実態は実質、破綻状態にある。そして、いまやいつ、どんなきっかけで破綻が訪れるかを心配しなければならない。だが、その割に、鳩山連立政権には財政問題に対する危機意識がない。そのことに驚く。消費税引き上げは4年間はやらないと言い、中期的な財政再建目標を急いで設けるという様子もない。

 12月21日付け日本経済新聞朝刊に、平田育夫論説委員長が「日本国債いつ火を噴くか」と題するコラムを書いていた。同氏の将来予想によれば、歳出の半分程度を国債に頼り続ける→日銀が大量の国債購入に踏み切らざるをえなくなる→インフレ懸念などで長期金利が急騰する。「その惨劇の幕が上がるのはズバリ来年」、きっかけは財政運営への不信感だという。

 平田氏は「やはり財政危機を回避するための本道は財政の健全化と、経済成長を促す政策を進めることである」と書いている。しかし、10年度予算案と税制改正大綱には、そのどちらも欠けている。子ども手当など個別問題や小沢民主党幹事長の専横ぶりなどに目を奪われているうちに、事態は深刻さを増している。

|

« コペンハーゲン合意をテークノートするという結論 | トップページ | 「知らなかった」ではすまされない »

コメント

そもそもいらないでしょ。
政府に頼るのは情けないです。
子供手当ては廃止すべきです。

どうしてもやるなら、スウェーデンやフィンランドのように徴兵制にして、投資を回収すべきです。もらわなかった子は徴兵されないことにすれば公平です。

投稿: haru | 2010年1月 9日 (土) 16時00分

徹底的に鳩山内閣を応援しましょう。
日本社会には、鳩山政権の改革が必要です。教育、医療、年金、司法、行政等すべてを腐敗させた自民党・官僚政治を排除し、子供や若者、母親を不幸から救うべきです。
学校現場から、文科省の愚民化政策を詳細に解明したのが、「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。文科省官僚は、この知識時代に愚民化教育を行い、20万人の不登校、退学者、60万人の引きこもり、ニートを作りだしたのです。国民から生きる能力を奪い、失業者、貧窮者にし、うつ病、自殺に追い込んだのは、自民党官僚政治です。 
残虐に子供や国民を苦しめ、国を没落させた許されない大罪です。
愚民化政策を行う古い政治には、二度と戻るべきではありません
鳩山内閣への批判は、国民に一つの利益もありません。政治資金問題は、微々たることです。特捜部やマスコミの姿勢は、日本社会を害するもので、完全に誤っています。

投稿: 大和 | 2009年12月24日 (木) 21時14分

財源が足りないのだから、子ども手当に年収300万円の所得制限を設ければよい。
橋下知事は7人の子供がいるので、毎月18.2万円、年間218万円の子ども手当がもらえる。
これから3人の子供を生むとすると、総額1千4百万円の他人のお金(税金)がもらえる。
在日ももらえるのが最大のみそ。
注)2.6万円x12ヶ月x15年x3人=1.4千万円
政権交代という目的を達成するために、いかに他人のお金をばら撒いて集票するかというのが、出発点であるから理念が無い。
防衛費よりも多い毎年5.3兆円を使って高所得の家庭まで支給する必要は無い。
社会主義に偏向した民主党は何でも一律が公平だという偏見と誤解を持っている。
少子化対策という明確な理念があり、効果も証明すれば反対者は減るだろうが、少子化対策にはならない。

投稿: 子ども手当に所得制限を設けよ | 2009年12月24日 (木) 11時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/47097603

この記事へのトラックバック一覧です: 財政破綻の惨劇が来年幕を開ける?:

« コペンハーゲン合意をテークノートするという結論 | トップページ | 「知らなかった」ではすまされない »