« 財政破綻の惨劇が来年幕を開ける? | トップページ | 仙谷行政刷新大臣が増税に言及 »

2009年12月24日 (木)

「知らなかった」ではすまされない

 偽装献金問題で鳩山総理大臣が24日、弁明の会見をした。資金管理団体の会計責任者らが検察に起訴されたが、鳩山氏は「知らなかった」ということで、贈与税を納付するだけですむことになった。

 会見で、鳩山氏は、秘書や母親が勝手にやっていたことだとして、自らの責任を否定した。しかし、かねて、秘書がやったことは議員が知る、知らないにかかわらず、議員が責任を負うべきだと主張して、自民党議員を攻撃してきたのは、誰あろう、鳩山氏である。知らなかったと言えば不問に付されるのなら、今後、脱税者は皆、知らなかったと言い訳することになりかねない。「上正しからざれば、下正しからず」である。

 鳩山氏は、自らのケースは私腹を肥やしたりするものではないので、ほかのケースとは違うと言った。しかし、これまで議員辞職した事例を見ると、私腹を肥やすようなケースばかりではない。問題は議員や会計責任者に政治資金規正法に違反するようなことがあったのか、なかったのかであり、違反があったら、議員の責任が問われるのである。私腹を肥やさねば違法行為であっても責任をとらないでいいというのは詭弁である。

 また、鳩山氏は自分や家族のカネだから云々という気持ちを持っているようだ。確かに、よそから集める献金よりタチがいいとも言える。だが、親から子への財産相続であっても、法定のワクを超えたら課税対象になる。それが法治国家、日本である。総理大臣になることを志した鳩山氏がそれをわきまえていないのなら、政治家失格だ。

 日本の政治改革は、政治とカネの問題が大きな争点だった。鳩山氏はこの問題に最も熱心に取り組んできた一人である。しかし、自民党を攻めるなら、当然、自分はきちんとやっているかを確かめるべきだった。誰からいくら献金してもらっているか、何にいくら支出しているか、その過不足はどうなっているかなどについてだ。その基本的なことをないがしろにしたまま、いまになって、「知らなかった」はないだろう。いくらお坊ちゃんで、カネの苦労をしたことがないにせよ、これでは政治家としてだけでなく、人間としても、失格である。

|

« 財政破綻の惨劇が来年幕を開ける? | トップページ | 仙谷行政刷新大臣が増税に言及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/47106539

この記事へのトラックバック一覧です: 「知らなかった」ではすまされない:

« 財政破綻の惨劇が来年幕を開ける? | トップページ | 仙谷行政刷新大臣が増税に言及 »