« 沈む日本航空 | トップページ | 低い新卒予定者の就職内定率 »

2010年1月15日 (金)

小沢頼みの民主党は血迷っている

 政治資金疑惑で民主党の小沢一郎幹事長が検察に任意の事情聴取を求められているのに、拒否し続けている。同氏はメディアの取材にも応じず、沈黙を続けている。鳩山由紀夫首相は小沢氏について「二度と出ない個性を持った政治家。大変強い信念を持った政治家だ。政権獲得に大変な力を発揮してもらったし、これからも発揮してもらいたい」(15日付け日本経済新聞朝刊)と述べ、小沢氏の態度を是認している。

 また、同じ日経新聞の記事には、民主党執行部から「何が起きても幹事長は続投だ。ずっと検察と戦い続けたらいい。権力対権力の最終戦争だ」という声すらあがっているという。検察は正義の味方ではないし、政治的な動きをすることがあるが、小沢氏の政治資金をめぐる疑惑を解明するための捜査それ自体を民主党や小沢氏が非難したりするのは、民主主義のもとでの政党および政治家としては間違っている。

 前原国土交通大臣は15日、「疑惑に政治家自らがしっかり答えることが大変重要」と説明責任を強調したが、こうした正論がほとんど表に出てこない。前原氏のようなサムライが果たして民主党に何人いるのだろうか、とすら思う。

 民主党の新人議員の大半は、昨年の総選挙で当選できたのは小沢氏のおかげと思い込んでいるのだろう。政界の事情をろくに知らないから、小沢氏および取り巻きの人たちの指示にしたがって動いていればよいという段階かもしれない。以前からの議員も「物言えば唇寒し」で、小沢一派に干されることを恐れて、批判を口にしないといわれる。

 しかし、民主党の政権獲得は、民主党への積極的な期待もあったが、自民党にお灸をすえるという有権者の思いが強かったことは確かである。小沢マジックという見方よりも、自民党の「自壊」が政権交代を促した面がかなりある。有権者は民主党と自民党(?)が交代可能な二大政党制の実現を期待していたと思う。

 だが、現実の政治はそうした道を歩んでいない。敗北し、野党になった自民党は再生のための自己改革に手を付けておらず、凋落傾向にある。いずれ、野党再編の渦に巻き込まれる可能性がある。他方で、小沢氏らは自民党をたたきのめし、民主党の一党支配体制樹立をめざしている。

 政権誕生から100日を超えて、国民の民主党政権への支持率は落ちてきている。しかし、鳩山首相および小沢幹事長の政治資金問題や沖縄の米軍基地移転問題があっても、世論調査では、鳩山政権および民主党に対する支持率はまだまだ高い。それが、小沢氏らの強気を支えているように思える。

 では、透明性に欠ける、小沢幹事長ら民主党幹部が内閣を牛耳る“党高政低”状況にチェンジをもたらすものはあるか。それは、まず民主党や鳩山政権に対する国民の支持率低下が起きることが考えられる。支持率が下がれば、小沢マジックへの幻想が薄れ、彼の神通力が弱まる。

 社会民主党が政治資金の透明性を求め、それが通らなければ、連立政権から離脱するかもしれない。政権与党の一角に坐しても権力の魅力に取りつかれていないならば、である。

 そして、いま一つは、検察が自らの使命に徹して、小沢逮捕に踏み切ることだ。小沢幹事長に頼り切っている鳩山首相にしてみれば、指揮権を発動してでも逮捕を免れさせたいと思うだろうが。

 いまの民主党に必要なことは、民主主義国家における議会政治とは何か、を議員一人ひとりが考えて、自由に発言する百家斉放である。 

|

« 沈む日本航空 | トップページ | 低い新卒予定者の就職内定率 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/47301109

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢頼みの民主党は血迷っている:

« 沈む日本航空 | トップページ | 低い新卒予定者の就職内定率 »