« 40年近く町長だった男に意外な終止符 | トップページ | 苦しみが続く民間企業に出口はあるのか »

2010年2月 4日 (木)

とかげのしっぽ切り

 東京地検特捜部は4日、政治資金規正法違反の容疑で小沢一郎民主党幹事長の秘書、元秘書の3人を起訴すると発表した。1人は現職が国会議員であり、1人は公設秘書である。「秘書がやったことで、私は知らなかった」という小沢氏は起訴されなかった。小沢氏は従来通り、幹事長の役を続けるという。

 一足先に、鳩山由紀夫総理大臣が母親から多額のカネを贈与されていた事件も、秘書が起訴されただけで終わった。鳩山氏の場合も「秘書がやったことで、私は知らなかった」と言い続け、贈与税の修正申告で一件落着した形になっている。

 一国の総理大臣であり、かつ政権党の代表である鳩山氏と、政権党の幹事長として実質的に党および政治を牛耳る小沢氏の2人ともが、同様の言い訳で、何ら責任をとらないで国政をこれからも動かすという政治の退廃ぶりには愕然とする。秘書にすべての責任を押し付け、自らは一切責任をとらない。「とかげのしっぽ切り」もここにきわまれりだ。

 小沢、鳩山の両氏に、引退を決断した朝青龍の爪の垢でも飲ませたい。

 政治の指導者のけじめの無さ。これでは、有権者や少年少女たちに、「違法であることが立証されなければ何をしてもいい」と教えるようなものではないか。道義が失われたら、社会はどうなるのか。この国のリーダーたちは日本をどんな国にしようとしているのか、とても心配になる。

 政治資金を透明化することは民主政治の不可欠な要件である。国会でも、不公正な政治資金が追及されたことが幾度もあったし、その追及で国会議員が辞職したり、自殺したこともある。野党だった民主党は自民党議員の政治献金の不正を国会で厳しく責めた。

 それがいまや攻守ところをかえている。違うのは、小沢氏らの徹底した言い逃れに対して、党内から批判がほとんど出てこないことだ。小沢氏は(鳩山氏もだが)言うことがくるくる変わるが、民主党の国会議員の大半はそれに黙ってついていく。批判する者は党内で迫害を受ける。あたかも新興宗教の教祖と信者みたいである。そうした異様さが不気味である。

|

« 40年近く町長だった男に意外な終止符 | トップページ | 苦しみが続く民間企業に出口はあるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/47479696

この記事へのトラックバック一覧です: とかげのしっぽ切り:

« 40年近く町長だった男に意外な終止符 | トップページ | 苦しみが続く民間企業に出口はあるのか »