« サムスンの強さに学ぶ | トップページ | 波頭亮著『成熟日本への進路』のもっともな指摘 »

2010年9月14日 (火)

反省がみられない小沢支持議員

 民主党総裁選までずっと政治の空白が続いていたから、勝った菅氏はすぐ全力疾走に移ってほしい。尖閣諸島近くで中国の漁船が海上保安庁の船にぶつかってきた事件で、中国側が強硬な姿勢で臨んできているが、これも日本の内輪もめに近い政治情勢を読んでのことだろう。日中は「未来志向」でと温家宝首相が語ったとは思えないほどの高圧的な態度である。政治家がしっかりしないと、この国は危うい。

 それにしても、菅か小沢かをめぐる民主党内の権力抗争はすさまじかった。菅支持か、小沢支持か、国会議員一人ひとりに踏み絵を踏ませるような闘いは、党内にしこりを残すに違いない。しかも驚いたのは、小沢氏を支持した国会議員の一人が、負けたのは小沢氏に対する世論の誤解が完全には解けなかったからだと言っていることだ。ほかにも、似たような発言がある。

 これは、一般国民の誤った認識のせいで負けたと言っているに等しい。政治とカネの問題について、小沢氏が国会でまともに審議に応じて説明したことがないのをおかしいと思わない民主党国会議員が半分近くいることが14日の党総裁選で明らかになったわけである。

 したがって、菅氏が民主党の役員人事および政権の顔触れを決める際、党内融和を優先するのではなく、政治とカネの問題をまともに受け止める議員しか重要ポストに起用すべきでない。さもないと、民主党はかつての自民党と同じになりかねない。

 一方で、菅氏の側は、小沢支持の票がこれほどまでに多かった背景に、これまでの菅氏および政権運営などに対する不満、不信があることを謙虚に反省する必要がある。主要な政策課題について、思い付き、その場しのぎでいい加減な発言をするのは前首相の鳩山由紀夫氏だけでいい。菅氏は体系的に天下国家論を提示し、国民に明るい未来の可能性を指し示すとともに、そのためには「良薬は口に苦し」で、国民にきびしい注文もつけるべきである。また、ねじれ国会をどのように動かして政治課題を解決していくか、その展望を指し示してほしい。

 今回の党総裁選で、両候補は全国各地を歩いたが、そこでの国民の発言は、いまもって「○○してほしい」という要求型ばかりだったようだ。日本は先進国の中で飛びぬけて国家財政がピンチなのに、国民は国に対し、もっとカネを××に使ってほしいとしか言わない。なんといやしい人種に成り下がったことか。

 “フリーランチ(タダめし)はない”。菅新政権はまず、そのことを認識し、それを明確に国民に訴えることから始めるべきだ。そして、いわば非常事態にある経済・財政を立て直す方法を与野党一緒になって編み出すようにしてほしい。危機感なき政権運営は国を滅ぼすだろう。

|

« サムスンの強さに学ぶ | トップページ | 波頭亮著『成熟日本への進路』のもっともな指摘 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/49449726

この記事へのトラックバック一覧です: 反省がみられない小沢支持議員:

« サムスンの強さに学ぶ | トップページ | 波頭亮著『成熟日本への進路』のもっともな指摘 »