« 波頭亮著『成熟日本への進路』のもっともな指摘 | トップページ | 目からうろこの本『デフレの正体――経済は「人口の波」で動く』 »

2010年9月18日 (土)

自民党政権の時代と似ている菅新内閣

 小沢一郎氏を破って民主党代表・総理大臣の座を保った菅直人氏の第二次内閣が17日発足した。同日午前に開催された同党の議員総会に小沢氏は欠席した。「一兵卒」として当然、出席すべきなのに、さぼった。自分の気に入らないと、無視する尊大ぶりを発揮した。そういう小沢氏の態度をおかしいと思わないような国会議員が半分近くもいる民主党はどう見ても異常ではないか。

 新閣僚たちはさっそく記者会見した。会見の内容を新聞報道でみると、新閣僚の多くが事前に官僚のレクチャーを受け、それをもとに答えたようである。それこそが「官僚主導」の表れだ。

 かつて、小泉純一郎首相当時、竹中平蔵氏が大臣になったとき、竹中氏は会見までの間、雲隠れし、官僚のレクチャーを受けないようにした。そして、会見で、竹中氏の見解をもとに自由に答えた。就任会見でしゃべったことが、のちのちまで大臣を拘束することを知っていたからである。「政治主導」を唱えるなら、官僚の事前レクに基づいて答弁することのこわさを知っているべきだろう。

 政権をとる1年前までの民主党は一応、シャドー・キャビネット(影の内閣)を持っていた。政権の座についたら、すぐ、それぞれの得意分野で政策実施に動けるように、担当の閣僚を決めていた。それによって官僚依存を脱却しようという発想であり、正しかった。

 しかし、菅新内閣の顔触れをみると、論功行賞だとか、当選回数の多い議員を大臣にするなどといわれたりもしている。本人が全く土地勘のない分野にとまどっているケースもある。菅か小沢かで激しい権力争いをしたのだから、今回のような人事は仕方がないという解釈もあるが、それでは官僚に依存していた自民党政治と似たようなものになりかねない。

 菅首相は副大臣、政務官の人選で、小沢氏を支持した議員を取り立てる意向を表明している。しかし、そういう発想自体が間違っている。適材適所でなければならない。

 過去1年、ろくに専門知識も経験もない若い政務官などが外部の有識者などを集めて審議会などをリードしようとしたため、すぐれた有識者の中から、審議会などへの参加を敬遠する声が出ていると聞く。

 国会議員だから偉いんだという単純な発想はやめて、官僚のすぐれた点を生かしつつ、官僚制度の限界から来る問題点をしっかりと把握する、そうした議員になるよう、もっと謙虚に、真面目に勉強してもらいたい。

 以前にも書いたが、民主党には党綱領がない。どういう国家像のもとに政治の改革をめざすかが綱領である。いまは、右から左までの烏合の衆にすぎないため、党員一人ひとりのめざす方向がばらばらである。それだから、どの親分のもとに参集するか、が大事になっている。そういう状態を脱却することも民主党の大きな課題である。

|

« 波頭亮著『成熟日本への進路』のもっともな指摘 | トップページ | 目からうろこの本『デフレの正体――経済は「人口の波」で動く』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/49484174

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党政権の時代と似ている菅新内閣:

« 波頭亮著『成熟日本への進路』のもっともな指摘 | トップページ | 目からうろこの本『デフレの正体――経済は「人口の波」で動く』 »