« ドイツ以上に速い? 日本の脱原発 | トップページ | 松浦祥次郎氏が語る福島第一原発事故のあまりの重さ »

2011年6月 3日 (金)

菅総理大臣不信任案をめぐる茶番劇のあほらしさ

 6月になってすぐの菅総理大臣不信任案をめぐる国会の騒動。不信任案が可決されるか、民主党が分裂するのか、野次馬としては興味がありましたが、大山鳴動ねずみ一匹でしたね。小沢、鳩山、菅といった民主党創設に関わった大物(?)は、いずれ劣らぬ変人でかつ欠陥人間。今回もそれらの変人が内輪もめの主役だったり、党分裂回避の仲裁役だったり、下手な田舎芝居をたっぷり見させられました。民主党の天下を明け渡したくないという最後の一線で不信任案を否決できましたが、民主党(議員)および民主党政権に対する国民の視線はいっそうきびしくなりましたね。

 民主党政権の最大の問題は、何をしたい政党なのかがはっきりしていないことです。これは本質的な欠陥です。政党には綱領があるものですが、民主党にはありません。つまり、日本という国をどういう国にしたいか、そのためにどんな政策を実現したいか、という目標、目的がないのです。政権奪取に成功した衆議院選挙に向けて掲げたマニフェストはそうした類いのものだったはずですが、残念ながら、いわゆるバラマキを列挙したものにすぎませんでした。

 したがって、政権の座に就いて当初は、財源をどう確保するかを無視して、公約したバラマキ政策の実現に走り出しました。その結果が、税収を上回るような新たな“借金”です。急速に財政悪化が進みました。さすがに、財源無視の大盤振る舞いを続けにくくなった民主党政権は、マニフェストの一部修正に踏み出さざるを得ませんでした。

 ところが、党内の小沢元代表は、国民に約束したマニフェストを修正することはまかりならんと強く反対してきました。

 マニフェスト以外の党内対立もいろいろあります。例えば、日米安保体制のとらえかたや、基地移転問題、中国漁船衝突事件の扱いや日中関係などをとっても、小沢、鳩山、菅の三氏の意見はかなり違っています。重要な政策テーマについて、民主党内の意見の対立が当たり前なのです。もちろん、どの政党でも、内部に多様な意見がありますが、主要な政策については党内で議論し、一致させます。

 残念ながら、菅首相の発言は、しばしば、政府として、あるいは党として十分に議論して形成されたものではなく、菅氏の思い付き、独断から出たものです。鳩山氏も総理大臣の頃、個人的な思いで米軍基地移転を言い出して地元を困惑させたりしました。小沢氏にしても、同様です。

 民主党結成に貢献した3人がいまもって党の運営に大きな影響力を持っていますが、それは、言い換えれば、党綱領を持たないことと裏腹の関係です。綱領があれば、それに即して政策の議論ができるはずです。しかし、それがないため、主に3人の発言次第で民主党および民主党政権の人々が揺れるのです。

 財政破綻に向かってひた走る日本。財政再建は焦眉の課題です。だけど、民主党の3人の認識は大きく離れています。バラマキの是非一つとっても、民主党としての統一政策はありません。

 菅総理大臣が「震災対策などに一定のメドがついたら辞任する」ということで、民主党は不信任案を否決できました。政局はとりあえず落ち着きました。しかし、それは、震災後の復興や原発事故の収束という政策目標ができて以来、張り切っている菅総理にとってみれば、願ったり叶ったりでしょう。これからも、やたらどなる、思い付き的な発言をする、責任をとらない、などで政治の混乱や停滞を繰り返すのではないでしょうか。

 3人に代わって、民主党の希望の星とみられる国会議員はいないようです。それがまたみっともない党内紛争を繰り返す原因でもあります。世代交代を含めて、明日の民主党をしっかりと担うすぐれた政治家ができるだけ早く出現することを願うばかりです。

|

« ドイツ以上に速い? 日本の脱原発 | トップページ | 松浦祥次郎氏が語る福島第一原発事故のあまりの重さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/51839032

この記事へのトラックバック一覧です: 菅総理大臣不信任案をめぐる茶番劇のあほらしさ:

« ドイツ以上に速い? 日本の脱原発 | トップページ | 松浦祥次郎氏が語る福島第一原発事故のあまりの重さ »