« 松本復興相辞任、民主党政権の終わりへ | トップページ | “迷惑施設”化した原発 »

2011年7月 7日 (木)

一民主党若手議員の視点

 最近の民主党は、これが政党かと疑うような惨状を呈しているが、知名度の乏しい若手の中になかなかすぐれた議員がいるのだなと思った。梅村聡参議院議員がJFN系列「ON  THE  WAY ジャーナル」で言論NPOの工藤泰志代表と対談した内容をNPOのホームページで読んだ印象だ。

 同議員の話を私なりに要約すると――

・政治家は自分で課題を見つけ、自分の力でまずぶつかる。そこで、行政の壁に穴を開けないといけないとか、法律を変えなければいけないとかが分かった時点で党に持っていく。そこで、政党がパワーを発揮する。政治家と政党とは対等だと思う。

・いまの新人議員は、自分が民主党株式会社の社員だと思っている。そして党内で何とか上に行こうという意識だ。菅さんの権力争いと、いまの党内のメンタリティとはそんなに変わりがない。

・現在、与党は全体として言えば暇。民主党株式会社の人事で大騒ぎしている。はっきり言うとそれだけだ。

・政治の世界は、一番どっぷり浸かってはいけない分野だが、例外なくそうなっている。自分はまず個人でやるのだという意識がないと、すぐに飲み込まれる。そうした政治家の覚悟を持たずに政治の世界に足を踏み入れてきている人が非常に多いのではないか。

・民主党には政権交代までは大きな目標があった。しかし、目標を達成したあとは発展途上にならないといけない。社会保障なのか、安全保障なのか、そうした軸をつくる作業が絶対に必要だが、過去2年間発展しないままできた。この2年間の政治の停滞は、民主党が政党としての体をなさなかったことに原因がある。

・いまの党幹部は私の親と似た年齢。彼らは運動の世代で、統治の概念が非常に薄い。政治とは全精力の8割ぐらいをルールづくりに使う。運動は残りの2割でいい。日本は税と社会保障の議論もそうだが、ルールづくりに全然、力を入れていない。最終的に誰がまとめるのかがない、統治機能がなくなっている。

・小選挙区制を導入したとき、それを支えるため、政党の人材育成機能が必要だった。政党助成金は人材育成に充てるべきだ。

・政治家は生き残ることしか考えていない。大きな政府か、小さな政府か、などの軸づくりは政治家ではなく、国民がやるべきことだ。

・国民の知る情報はほとんどマスコミを通じてだ。しかし、マスコミは政局を追うほうが楽。勉強しなくていいし、要人のあとを追いかけ、現象を記事にすればいいだけだから。そういう意味で、大手マスコミの劣化をすごく感じる。そうしたマスコミを通じてしか情報が手に入らない国民はもっと不幸だ。

|

« 松本復興相辞任、民主党政権の終わりへ | トップページ | “迷惑施設”化した原発 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一民主党若手議員の視点:

« 松本復興相辞任、民主党政権の終わりへ | トップページ | “迷惑施設”化した原発 »