« 復興等臨時増税の政府税調案 | トップページ | 2週間、日本を離れて »

2011年9月19日 (月)

企業の求める人材、学校・家庭教育が育てる人材

 最近、日本を代表するグローバル大企業の人事担当幹部から、会社の求める人材像と採用の実情について聞く機会があった。また、東京都内の小学校の先生から、初等教育の現場がどうなっているのか聞くことができた。ここでは、体系的な話ではなく、聞いていて参考になったことをいくつか書き留める。

 ・大卒採用がネットを通じてエントリーするようになった結果、超一流大企業であろうと、学生は誰でも応募可能になった。半面、ネット採用には1社100万円もかかるので、中小企業にとっては厳しい。同社には何万人もがエントリーしてきても、エントリーシートを手分けして読む。有名校だけピックアップするようなことはしない。

 ・いまの若者は失敗や叱られることをおそれる。しかし、社会がそうした世代をつくりあげたのだから、それを踏まえて社内で育てることが大事である。

 ・現代は、皆が大学に行く時代である。学生の中の低位層は、もとは大学に行かなかった人たちである。大学卒で就職できない人が2011年度卒で8.8万人いる。ただ、最近は、中小企業に就職する人が増えてきている。

 ・グローバルに事業を展開しているので、国内外から本社採用を募集している。専門能力や個性で突出している、志が高い、最後まで頑張りぬく、といった人材を求めているが、いまの日本人にはそうした若者はそもそも少ない。結果として、中国人など外国人のほうが多く採用になっている。

 ・もっとも、日本人と違い、外国人はキャリアパスで数年のうちに辞めることが少なくない。

 ・日本の小学校には、雑務を担う職員がほとんどいない。だから、学校内で起こったことは基本的にすべて先生が処理する。地域に校庭を解放するための手続きとか、新たな仕事はすべて教員(校長、副校長を含む)が行なう。生徒の親からのクレームなどについては、生徒の家庭まで行くことがあるが、万が一を考えて、もう1人、先生が同行する。これらは授業をきちんとしたうえでのことである。平日は毎日、居残って仕事をし、土日曜もひんぱんに出勤する。夏休みも出勤が多かった。

 ・いまの学校教育は知識を身に付けることが目的になっている。先生も、教科書に沿って画一的に教えることに疑問を持たない。親のほうもそれを求めている。だから、大学に入ったら燃え尽きてしまう若者も出てくる。『13歳のハローワーク』のように、将来、どんな仕事をしたいかの夢を子どもたち一人ひとりに考えさせることがいいと思う。子供が関心を持つ分野にどんな職業があるか同書を読めばすぐわかる。そして、将来、こういう仕事をしたいというと、どんな勉強や資格などが必要かがすぐわかる。そして、その仕事をしている人の話をネットを通じて聞けるので、もっと具体的に、その仕事に対するイメージがふくらむ。そうなれば、子供の勉強に対する姿勢が単なる暗記的なものから変わっていく。

 【『13歳のハローワーク』は村上龍氏の著書。改定版『新 13歳のハローワーク』が出ている。514種の職業を取り上げている。ネットでは「13歳のハローワーク」のホームページがあり、好きなことなどをキーワードに職業を検索したり、職業人に子供が質問し、答えてもらうなどができる】

|

« 復興等臨時増税の政府税調案 | トップページ | 2週間、日本を離れて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 企業の求める人材、学校・家庭教育が育てる人材:

« 復興等臨時増税の政府税調案 | トップページ | 2週間、日本を離れて »