« 「1年で脱原発」は政府の無能のせいで実現へ | トップページ | 野田首相は国民にもっと語りかけ、わかってもらえ »

2012年3月29日 (木)

介護事業者の苦労話を聞く

 東京都および埼玉県で介護事業を営んでいる方から、事業の現状や苦労話、そして、高齢者の介護に関する改善提案などを聞いた。以下、耳に残った点を紹介する。(私自身は介護保険や介護事業にくわしくないので、誤解している個所があるかもしれない)。

・介護報酬が低いのでヘルパー集めが大変。自分の施設で養成事業もやっている。優秀な人は、わが施設で養成した人だ。ハローワークなどから人材派遣の紹介も受けているが、人物を見分けるのが難しい。内定しても、すぐ、よそに行く人がいる。派遣は期間限定なので、なるべく頼りたくない。報酬を上げねば、職員の質はよくならない。

・うちは正職員が7割以上で、ボーナスも払っている。職員の年収は60歳代が500万円弱、20歳代前半の新人で250万円ぐらい。月20万円なら生活保護と変わらない。職員がきちんと暮らしていけるか、私は気にしている。それでも、これらの給与は介護報酬だけでは払えない。グループホームとケアハウスを兼ねることで捻出している。

・グループホームを始めて5年になる。認知症の方たち9人が一緒に生活している。職員は昼3人、夜1人で、5勤2休。入所者は5年も経つと身体が弱ってくる。寝たきりになる人も出る。すでに3人がここで最後を迎えた。グループホームは利用者を集めるのが大変。

・デイサービスは現在9人を受け入れている。営業時間は9時ー16時で、職員は6人、勤務は8時30分ー17時30分(休憩1時間)で残業なし。6人のうち、職員が3人、パートが2人、食事づくりが1人。常に3人はいなければならない。

・訪問介護も行なっている。ヘルパーが一番いやがる仕事だ。男のヘルパーが行くと、女性は介護されるのをいやがる。女性のヘルパーが行くと、風呂に入れられないし、被介護者から、金品を持っていったと非難されたりすることがあるからだ。訪問介護事業は時間割をつくるのが大変。いまは、洋菓子会社の元営業部長がいて、緻密な割り振りをしてくれるので助かっている。

・志をもって民間事業に入ったので、利用者本位で運営している。8時間/日の中で一杯いっぱいに頑張っている。しかし、役所のチェックは記録、書類づくりを重んずる。彼らはわれわれのところに来たら、記録書類を見るだけ。実地指導のほうが大事だと思うが。役所は建て前を重んじるだけである。本当は顧客満足度が大切である。

・聞くところでは、特別養護老人ホームはもうかっている。食費でもうけているからだ。食費は厚生労働省の管轄外で、大体1人あたり月に4万円をとっている。だが、実際にはその3分の1しかかからないから。

・グループホームの介護士が地域で訪問介護できるようになるといいと思う。でも、役所は縦割りなので、実現しない。ヘルパーの資格を持っている人がたくさんいるが、自分の親を介護すると報酬が出ない。ドイツでは出る。日本も、国民全員が小中学校のときに、ヘルパーの資格をとり、親の面倒をみればいいと思う。

・フィリピン、韓国の人を雇っている。彼らは本当にやさしい。宗教がきちんとしているからだ。介護の仕事をするのに、日本人よりもいい。ただ、介護の記録を日本語でつけなければならない。それがネックになっている。役所のチェックだと、それがマイナスに評価されてしまうから。

|

« 「1年で脱原発」は政府の無能のせいで実現へ | トップページ | 野田首相は国民にもっと語りかけ、わかってもらえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 介護事業者の苦労話を聞く:

« 「1年で脱原発」は政府の無能のせいで実現へ | トップページ | 野田首相は国民にもっと語りかけ、わかってもらえ »