« 奥井礼喜氏の話を聞いて | トップページ | 日銀の新たな緩和政策 »

2012年4月26日 (木)

小沢さんは灰色?

 資金管理団体の土地取引について政治資金規正法に違反(虚偽記入)したとして強制起訴されていた小沢一郎元民主党代表は無罪との判決を受けた。疑わしきは罰せず、有罪と決めつけるだけの十分な証拠がそろわなかったということらしい。

 判決は、小沢氏が簿外処理について秘書から報告を受け、了承していたとか、法廷で、収支報告書を一度も見たことがないと供述したが、その供述は信用できない、などと指摘している。「故意、共謀について証明が足りないということで無罪判決とした」という裁判長の発言は、真っ白の無罪ではなく、灰色であるという思いを表明したものとも受け取れる。

 小沢氏は、国会などで追及された4億円の出所について、くるくる説明を変えた。また、会計責任者や秘書などの部下の違法行為について、任せきりにしていたとして自らの責任を回避しようとした。そうした言動は政治資金規正法の精神に反している。政治家としての基本的な責務を果たしていないことは明白だ。

 今回の裁判結果は無罪になったが、今後とも、小沢氏の政治的、あるいは道義的な責任を追及されてしかるべきだし、こうした政治家が大手を振って歩くことのないように、選挙で国民の良識を発揮しなければいけない。無論、民主党の小沢支持議員に対しても、同様に何が道理かをわからせる必要があるだろう。

 ところで、政治家や官僚の不正をただす役割の地検特捜部が、自らの描いた構図をもとに事件をでっちあげるようなことをしていた。戦後、特捜部は、政治家の介入を許さず、メディアも自由に取材できない“聖域”だった。そのことが、特捜部の人たちのおごりを招いた。でっちあげが明らかになっていなければ、小沢氏はあるいは有罪の判決を受けたかもしれない。裁判所は検察の調書をほぼ鵜呑みにする傾向があったからだ。今回の強制起訴裁判はいろいろな面で問題を提起している。

|

« 奥井礼喜氏の話を聞いて | トップページ | 日銀の新たな緩和政策 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/54567494

この記事へのトラックバック一覧です: 小沢さんは灰色?:

« 奥井礼喜氏の話を聞いて | トップページ | 日銀の新たな緩和政策 »