« 高まる若者の終身雇用支持 | トップページ | 東電の社外取締役をどう見る »

2012年5月13日 (日)

『日本海軍400時間の証言』と『メルトダウン』が示す日本社会の欠陥

 すぐれた本を相次いで読んだ。1つは、戦後の1980年から海軍の中枢にいた人たちによって行なわれた「海軍反省会」の録音テープ―それをもとにNHKが放送した番組のディレクターらが執筆した『日本海軍400時間の証言』。いま1つは、大鹿靖明著『メルトダウン――ドキュメント福島第一原発事故』である。それらで共通に指摘されているのは組織の利益を優先し、個人を軽視する、失敗の責任の所在を回避し、あいまいにするなどといった日本社会の欠陥である。

 『メルトダウン』のあとがきで著者はこう書いている。「メルトダウンしていたのは、原発の炉心だけではない」、東電の経営陣、責任官庁の官僚、原発専門家、銀行家、政治家たちはいずれもメルトダウンしていたという。そして、「エリートやエグゼクティブや選良と呼ばれる人たちの、能力の欠落と保身、責任転嫁、そして精神の荒廃を、可能な限り記録しよう。それが私の出発点だった」と。

 『日本海軍400時間の証言』では、陸軍に対する組織防衛の観点から、海軍が勝てる見込みもないままに対米戦争に踏み切ったこと、無謀な作戦に反対できなくなる組織の空気、問題を隠ぺいする体質などが明らかにされた。戦犯裁判で、海軍上層部、さらには天皇に責任が及ばないように現地に戦争犯罪の責任を負わせたいきさつもくわしく述べられている。

 2冊の本で指摘されている日本社会の問題点は、組織・権力と個人との関係において、個人が従属関係にあり、さまざまな組織・権力が基本的人権などを軽視ないし無視している現実である。思うに、雇用における長時間労働、不払い労働、パワハラなどがいっこうになくならないのも、その1つではないか。

 どうしたらよいのか。日本の議会制民主主義が民意を反映する仕組みになっていないことを踏まえ、国民が“おまかせ民主主義”でなく、自らの意思を反映させるために立ち上がることが日本社会をまともにするために必要だろう。言うはやすく、むずかしいことだが。 

|

« 高まる若者の終身雇用支持 | トップページ | 東電の社外取締役をどう見る »

コメント

ケビン・メア氏の名前を聞けば、「ゆすり発言」を思い出す人も多いが、沖縄総領事を勤め、長きに渡って日米の橋渡し的な役割を担ってきた人です。彼の著書「決断できない日本」を著しました。著者の視点がしっかりと定まっています。「抑止力のない平和はありえない」・「日米同盟は何よりも重要」、そういった起点からスタートし、理路整然と沖縄の基地問題や、日米関係のあり方を述べられている。日本式の本音や建前がなく、英米人ついては当然のことながら、非常に論理的であり、なおかつ非常にシンプル。
「抑止力のない平和はありえない」・「日米同盟は何よりも重要」と言われて、我々日本人がいかに平和ボケしているのかがよくわかる。常に外敵との戦いを想定し、「平和とは抑止力の上に成り立っている」という確固たる信念を持っている。米国出身の著者にとって、日本の政治家たちの考え方や官僚主導の考え方には哲学・世界観がなく、意味・意義が不明に映る。日本人の内容には、感じはあっても意味がない。
また一方で、米国というのは日本にとってかけがえのない隣人なんだ、ということも理解できる。日本は米国の発言にいちいち過敏に反応しますが、日本は米国にとってよき友好国である。しかし一方で、日本の政治には改善すべき点が数多く存在する。これは教育の問題でもある。
個人主義のない「日本の和の文化は、過剰なコンセンサス社会に堕落してしまった」・刹那は永遠と考えられている世界では「『一度失敗するともう終わり』という恐れが強すぎる」。意思のない社会では意思決定は難しく、「決断する」ことは、「コンセンサスを得る」ことに置き換えられている。意思決定は、日本人にとって難しいが、これができるようにならない限り何処にも相手にされる個人にはなれない。意思のないところに方法はない。これは「議論して決断する」意思の内容を日本人が正しく学ぶ機会がなかったからである。正しい「議論」の仕方を学んでいないため、感情論に陥ったり、本質とはなれた議論に終始したりする。まだまだ12歳の少年なんだと結論できます。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年5月13日 (日) 22時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/54701516

この記事へのトラックバック一覧です: 『日本海軍400時間の証言』と『メルトダウン』が示す日本社会の欠陥:

« 高まる若者の終身雇用支持 | トップページ | 東電の社外取締役をどう見る »