« 日本を「守るために変わる」ことが必要 | トップページ | 総選挙で避けている論点 »

2012年11月28日 (水)

良薬は口に苦し:新政党の誕生と再編

 12月の衆議院選挙に向けて、新政党の出現や離合集散が盛んだ。別の政党に移る政治家も目立つ。こんなに政党の誕生や統合といった現象が相次ぐのはなぜなのか。

 3年余り前に民主党が政権を握ったのは、自民党中心の政治が腐敗堕落し、国民のニーズからかい離したからだった。二大政党間の政権交代こそが、日本の政治体制として望ましいという期待もあった。

 しかし、民主党はマニフェストに挙げた国民との約束をろくに果たすこともできなかった。カネをばらまくことで財政悪化に拍車をかけた。他方、野に下った自民党は自らが政権を握っていたときの既得権益擁護の発想から抜け出すことができないまま、今日にいたっている。自民党は昔のままで、自己革新ができていないのである。したがって、自民党と民主党の両党以外に投票したい政党が出現することを多くの有権者は待ち望んでいることだろう。

 橋下大阪市長率いる維新の会は、そうした時代の潮流に根差したものと言えよう。既存政党に飽き足りない有権者にとって、投票の選択肢が増えたのは歓迎だ。最近、名乗りをあげた未来の党などは、脱原発など有権者の問題意識の多様性を反映したものである。ただし、シングルイッシューでは、その他の課題について意見がまちまちということも起こる。

 日本のこれからを左右するものとして突きつけられている課題は、脱デフレ、社会保障制度の整備および効率化、財政破たんを避けるための増税など財政再建、国内企業の国際競争力強化、TPPなど多国間交易ルールの整備、脱原子力発電、教育改革、農業改革、外交・安全保障、周囲の国々との協調・友好などいろいろある。それに関連して規制の撤廃・緩和や、歳出のムダ削減などが必要である。

 こうした多様な政策課題をきちんと受け止め、整合性のある各論を主張してくれる政党こそが国民の待ち望んでいるところである。甘い言葉で国民をだますのはやめて、良薬は口に苦いことをきちんと言うべきだ。有権者のほうも主体的に政党、政治家の真贋を見極め、行動する時だろう。

 いまは脱原発、反TPP、反消費税増税などシングルイッシューをめぐって「この指とまれ」が多い。しかし、そうした特定の争点しか主張しない政党、政治家には投票すべきでない。

 

 

|

« 日本を「守るために変わる」ことが必要 | トップページ | 総選挙で避けている論点 »

コメント

新宿駅から東京駅に行く方法には、いろいろ考えられる。
JRの中央線を利用する方法や、地下鉄・丸ノ内線を使う方法など、多数が考えられる。
個人の好みもいろいろ違う。

だが、団体行動をとる場合には、どれか一つに決める必要がある。
方法を一つに決めるか、指導者を決めてその人の決めてもらうかである。
矛盾のある方法は、あらかじめ排除しておく必要がある。

多数決で、民主的に決めると良い。
どっち道、東京駅に行き着くのだと考えて、小異を捨てて、大同につくのである。
東京駅に行きたくない人は、この団体には加わるべきでない。
そうでないと、団体全体が混乱する。

政治の場合も同様である。
遠い未来の行き着く先の世界を個人個人に描いてもらう。
そして、その現実対応策を述べてもらう。

現実対応策にはいろいろあろうが、民主的な方法で決める。
民主的な意思決定に同志は道を譲らなくてはならない。
共通の夢を実現するという強い望みが譲りを与える原動力になる。
小異を捨てて、大同につくことにより未来社会の建設に協力が可能になる。

長年月をかけて目的に一歩一歩近づくことができる。政治哲学が生きてくる。
目的の達成には、金もかかる。固い団結はシニア層にも安心をもたらし、彼らの金にも使い道ができてくる。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012年11月28日 (水) 20時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/56209628

この記事へのトラックバック一覧です: 良薬は口に苦し:新政党の誕生と再編:

« 日本を「守るために変わる」ことが必要 | トップページ | 総選挙で避けている論点 »