« 消費税引き上げを国民にわかってもらう努力がうかがえない | トップページ | 見えない財政再建の道 »

2013年7月31日 (水)

10年以上前から予測されていた猛暑や豪雨・洪水など

 この夏の暑さは記録的なもの。日本の各地で摂氏35度以上になるところはざらだ。中国の上海では40度を超えるときもあるという。体温よりも高くなったりするのだから、熱中症で倒れる人が出て当然である。

 今年の日本の夏は、北から南まで猛暑に襲われ、また、1時間に100mmを超すような局地的豪雨によって河川が氾濫し、住宅の床上浸水などが起きたりしている。明らかに日本は「南の国」化している。

 世界的にも、西欧、アジアなどあちこちで豪雨による洪水があり、大きな台風や竜巻による被害も米欧などでちょくちょく発生している。山火事も米国などで起きている。

 こうした現象は、地球温暖化が世界的な焦眉の課題となった1990年代から予測されていた。経済成長、人口増加などを背景に、石油・石炭などの化石燃料消費が増え、二酸化炭素の排出量が増えると、地球温暖化が進むというわけである。

 このため、国際的に京都議定書など、温暖化対策が打ち出されたが、米国、中国などがアウトサイダーだったため、二酸化炭素など温室効果ガス排出量は増える一方。2012年以降は、実質的に国際的な温暖化対策は行われなくなっている。日本が”フクシマ”で温暖化対策の推進役を降りたことがその1つの要因になっている。

 2000年ごろは、北極海の氷が溶けることに地球環境の観点から懸念が示されていた。しかし、いまは船舶航行や資源開発の面からプラスに受け止めるようになっている。世界は地球温暖化問題への取り組みを半ば放棄した感じだ。

 このため、ボルネオなどで違法に熱帯雨林を焼いてパーム油生産用に充てる動きがさかんであるなど、温暖化ガス吸収に不可欠の森林保存も容易ではなくなっている。

 経済発展により二酸化炭素排出量で世界一となった中国は、環境保全対策が企業のコスト負担となり、競争力を弱めると判断してのことか、地球温暖化対策に消極的。ついでに言えば、年初に顕著だった中国のPM2.5(微小粒子状物質)は健康を害するほどの高濃度で大気を汚染している。それが冬場に、西日本にまで及ぶほどだ。

 今年の夏の暑さの背景には、このように、世界の国々が温暖化の恐ろしさをまともに受け止めていない現実が存在する。このままでは、年を追って異常気象がもっと荒々しくなるのだろう。災害の犠牲も復興費用も増加の一途をたどるのではないか。

|

« 消費税引き上げを国民にわかってもらう努力がうかがえない | トップページ | 見えない財政再建の道 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10年以上前から予測されていた猛暑や豪雨・洪水など:

« 消費税引き上げを国民にわかってもらう努力がうかがえない | トップページ | 見えない財政再建の道 »