« 政治家はかくあれかし | トップページ | 経済財政白書の財政健全化に関する言及 »

2013年7月22日 (月)

野党は反自民で足並みを揃えよ

 21日の参議院選挙は自民党の圧勝だった。いまの日本は国内外で多くの難題を抱えている。その中で、”アベノミクス”なる経済政策を提示して、長年のデフレから脱却しようと訴えた安倍首相率いる自民党が国民の気持ちを引き付けたのだろう。

 野党勢力は主要な課題に関してまちまちの主張をした。反自民の一大勢力を結成することもなかったから、お互いの足を引っ張るような格好だった。有権者としては、この課題ではX党、別の課題ではY党……の主張に賛成ということで、野党に投票したくても、どこか一つの政党・候補者にしぼって投票することが難しかったのではないか。投票所に足が向かわないということもあったのだろう。結果として、自民党および公明党の楽勝に終わったのである。

 したがって選挙結果から明らかなことは次のことである。すなわち、凋落したとはいえ、民主党が第二党であり、同党を含め、みんなの党、日本維新の会、日本共産党といった、今回の選挙で伸びた政党が政策テーマごとでいいから、結束して与党にあたる必要がある。野党が反自民統一戦線を築き、政策ごとの協調を推進することが望ましい。違いを言い立てるよりもとにかく合意し、協調できる部分を探し出すことだ。

 自民党・公明党の与党の中でも、当たり前のことだが、国会議員一人ひとり意見の違いがある。それを一つにまとめていくことが安倍首相のリーダーシップである。しかし、何もかも首相の思うようにはならない。それが民主主義政治である。そして、野党の政治家が無責任にただただ反対を唱えているようでは、民主政治が形骸化する。

 日本の将来を考えると、いまはいろいろな面で大きな岐路に立っている。経済、財政、安全保障、社会保障などの重要なチャレンジで誤った政策を選択すれば、即、日本の凋落につながるおそれが少なくない。こうした客観情勢を与野党を問わず、政治家が皆、きちんと理解、認識することを切に望む。 

|

« 政治家はかくあれかし | トップページ | 経済財政白書の財政健全化に関する言及 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/57843252

この記事へのトラックバック一覧です: 野党は反自民で足並みを揃えよ:

« 政治家はかくあれかし | トップページ | 経済財政白書の財政健全化に関する言及 »