« 気候変動が激化するとの予測に世界は反応薄 | トップページ | 財政再建無視に近い10月1日の閣議決定 »

2013年9月30日 (月)

いまどきの小学校運動会

 東京都心の小学校の運動会をはしごした。その感想を以下に記す。

 まず驚いたのは、競技・演技が始まる前の開会式のセレモニーの多いこと。開会のことば、入場行進、国旗掲揚、優勝旗(または優勝杯)の返還、校長あいさつ、誓いのことば、運動会の歌、と実に多い。閉会式もセレモニーがたくさんだ。成績発表、優勝旗(または優勝杯)の授与、参加賞等の授与、校長の講評、児童代表のことば、校歌斉唱、国旗降納、万歳三唱、閉会のことば、退場。PTA会長の話がある学校もある。

 個人的に違和感を抱いたのが万歳三唱と国旗の掲揚・降納。校長が自らを「校長先生」と言っているのも気になった。

 学校によって違うようだが、80メートル走とか100メートル走で男子と女子が入り混じって一緒に競って走っているのが興味深かった。男子と女子の体力差がなくなっているからなのか。いまどきの子どもたちはという言い方がなじまないほど、生徒たちは1年生から6年生まで、皆、懸命に競走していた。

 低学年の生徒がかごに玉を投げ入れる競争(玉入れ)では、ただ紅白に分かれ、それぞれのかごに入るよう、ねらって投げるだけではマンネリということか、生徒たちが音楽に合わせて腰を振って踊り、それから玉を投げたりしていた。毎年、工夫して、運動会をよりよいものにしようという現場の先生の努力を垣間見た気がする。

 ある小学校のマーチングパレードは、6年生全員が、楽器を演奏するか、旗を振って踊っていた。全員参加というのはすばらしい。普段の授業の教科とは関係ないことで、生徒が皆、練習し、本番で見事にやってみせたのである。第二次大戦後、間もない頃に小学校生活を送った者として、うらやましい限りだった。

 

|

« 気候変動が激化するとの予測に世界は反応薄 | トップページ | 財政再建無視に近い10月1日の閣議決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/58297052

この記事へのトラックバック一覧です: いまどきの小学校運動会:

« 気候変動が激化するとの予測に世界は反応薄 | トップページ | 財政再建無視に近い10月1日の閣議決定 »