« アイリスオーヤマ社長と楽天社長の話を聞いて | トップページ | 「牛脂注入の加工肉」問題を考える »

2013年10月30日 (水)

内向き志向では世界で伍していけない

 みずほ銀行・みずほフィナンシャルグループが暴力団員への融資をチェックできなかったうえ、金融庁への報告や記者会見で経営トップが関知しなかったと嘘をついていたという事件。富士銀行、第一勧業銀行、日本興業銀行の三行対等合併で誕生したみずほ銀行(現在は、持ち株会社みずほフィナンシャルグループ)がまたまた大失態を演じたと言えよう。

 そうした失態を繰り返す最大の原因は、旧三行がなかなか融合せず、お互いに有利たらんと内部抗争を続けていたのではないかと推察する。外に向かって、結束して攻めに攻めるというのとは正反対だったのではないか。

 三メガバンクの中で、みずほだけが業績面などで後れをとっているのは、三行合併があくまで対等ということにこだわったからだと思われる。その昔、第一銀行と日本勧業銀行が合併してできた第一勧業銀行は、人事をはじめとして両行が対等であることを基本とした。結果として、第一勧銀は相対的に大手銀行の中での地位が低下した。そうした苦い経験をしたにもかかわらず、長期信用銀行の興銀と普通銀行の富士、第一勧銀とが一緒になった三行合併でも、旧三行は役員人事をはじめ、対等原則にこだわった。

 このため、内部的には、依然、三つの銀行が並存しているような面があり、信販大手オリエントコーポレーションの問題についても第一勧銀系で処理すべきだとして、興銀、富士系は傍観していたのではないかと思う。

 これに対し、持ち株会社、三菱UFJフィナンシャル・グループ、三菱東京UFJ銀行は、三菱銀行が東京銀行、UFJ銀行などを相次いで合併して大きくなったのだが、常に三菱系が経営の主導権を握ってきた。結果として、東京銀行系の社員がたくさんやめていったなどという経緯もあるが。

 また、持ち株会社、三井住友フィナンシャルグループおよび三井住友銀行は、住友銀行とさくら銀行(三井銀行と太陽神戸銀行が合併してできた)の対等合併で誕生した。しかし、三菱同様、実態は、規模、収益力で勝っていた住友銀行系が中心になって経営している。

 巨大化したメガバンクをグローバル競争の中で経営するには、強いリーダーシップが不可欠だ。その点、三菱、住友に比べ、みずほは明らかに見劣りする。みずほ銀行、みずほコーポレート銀行の二本立てをやっと解消し、旧興銀系の佐藤康博氏が持ち株会社およびみずほ銀行の両方をリードして上位二行を追撃する体制になったばかり。

 だが、今回の事件表面化は、旧富士、旧第一勧銀系が佐藤氏の足を引っ張ろうとしたのかもしれない。佐藤氏もまた責任をとってやめざるをえないことも考えられる。みずほの将来にとっては大きな痛手だろうが、リーダーシップを確立できないビッグビジネスは世界を相手に伍すどころか、市場から退出をよぎなくされよう。

|

« アイリスオーヤマ社長と楽天社長の話を聞いて | トップページ | 「牛脂注入の加工肉」問題を考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/58482996

この記事へのトラックバック一覧です: 内向き志向では世界で伍していけない:

« アイリスオーヤマ社長と楽天社長の話を聞いて | トップページ | 「牛脂注入の加工肉」問題を考える »