« 内向き志向では世界で伍していけない | トップページ | 診療報酬の見直しではこんな点も考慮を »

2013年11月 1日 (金)

「牛脂注入の加工肉」問題を考える

 大阪、東京、名古屋、京都などの著名なホテルが、牛脂を注入した加工肉であることを表示せず、牛ステーキとして提供していたなど、料理の素材の名称を高級なものにみせかけて客に提供する商法がメディアであばかれている。最初は、特定のホテルだけかと思いきや、あちこちのホテルやレストラン等で同様なことが行われていたことが報じられている。

 一連の報道を読んでいると、いろいろ考えさせられる。第一に、消費者の味覚はまがいものを見分けるだけの感度がないのだろうか。高級品というイメージに味覚がだまされるのだろうか。

 第二に、客のほうは、そうした実態を知らないでいたのかと言えば、結構、承知していた人が多いのではないか。彼らは、本物だと、料理の値段がもっと高いと内心感じていただろう。

 第三に、表示と異なる素材であっても、客の多くは十分おいしいと思っていたのではないか。料理がそれなりにおいしくつくられているからだ。

 日本では古くから、鴨南蛮で、鴨肉の代わりに鶏肉を載せるうどん屋は多い。庶民の手が届く値段のそっくりさんを提供するビジネスが得意だ。イクラは随分前に、人工的にそっくりさんがつくられた。そうした慣習が、牛脂注入肉など、最近、誤った表示が問題とされているホテルなどの料理の表示にも反映しているような気がする。

 いま一つ付け加えると、同業者間の競争が激しいため、一流店でも、おいしく、かつ安い点をセールスポイントにしがちだ。そうした店は、客の味覚のあいまいさにつけこんでコストの安い食材に手が伸びがちだろう。しかし、それは禁じ手だ。

 消費者をだましていたと言えば、その通りだが、このようにそう単純ではないように思える。

|

« 内向き志向では世界で伍していけない | トップページ | 診療報酬の見直しではこんな点も考慮を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/58490596

この記事へのトラックバック一覧です: 「牛脂注入の加工肉」問題を考える:

« 内向き志向では世界で伍していけない | トップページ | 診療報酬の見直しではこんな点も考慮を »