« 14年度予算(案)の一般会計は新規国債を41兆円も | トップページ | 『暗闘 尖閣国有化』から学ぶこと »

2013年12月27日 (金)

安倍首相靖国参拝の危うさ

 12月26日、安倍総理大臣が靖国神社に参拝した。現役の総理大臣が靖国参拝をすれば何が起こるか、承知のうえで踏み切ったのだろう。

 しかし、首相談話で「中国、韓国に敬意を持って友好関係を築いていきたいと願っています」と言っても、友好関係どころか国交すら危うくしかねないことは明らかではなかろうか。首相は一国の運命を預かっているのに、自分の意見、主張を通すことを優先しているようにみえる。

 先日、平田オリザ氏の会見で、興味深い指摘があった。民主政治は対話(dialogue)に基づくもので、Aという意見とBという意見とが議論し、Cという新たな結論を導き出す。これに対し、対論(debate)は、Aという意見とBという意見とが、どちらが正しいか闘い、負けたほうが勝ったほうの意見に従う。そして、安倍首相の政治はこの対論だという。

 平田氏によると、日本人は異なる国、言語、宗教などの人たちを説得する対話の能力が欠けており、このままでは、グローバル化した世界で日本国は長くは持たない。そうだとすれば、安倍首相の靖国参拝は、周辺国との関係悪化をもたらし、日本の孤立、衰退への道となるかもしれない。

 自民党を中心とする与党は衆参両院の多数を握り、強引な政治運営を行なうようになっている。かつては党内に多様な意見があり、総理・総裁であっても、待ったがしばしばかかった。そうした良識派によるブレーキがなくなったいま、安倍首相の好き勝手に政治が行われるのは国益に背くことになりかねない。

|

« 14年度予算(案)の一般会計は新規国債を41兆円も | トップページ | 『暗闘 尖閣国有化』から学ぶこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/58827053

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相靖国参拝の危うさ:

« 14年度予算(案)の一般会計は新規国債を41兆円も | トップページ | 『暗闘 尖閣国有化』から学ぶこと »