« 信号無視で人身事故を起こす自転車へ巨額賠償命令 | トップページ | フェルドマン氏の財政再建シナリオ »

2014年1月31日 (金)

女性も30歳台が一番活躍できる

 一夜にしてスター誕生。理化学研究所の小保方晴子さんが中心になって全く新しい万能細胞作製に成功したという。目からうろこの画期的な研究成果らしい。これからの日本は女性がリードしていくとしばしば言われるが、そうしたトレンドの始まりを示すものかもしれない。

 きょうはたまたま理系の前大学教授の年配女性に会い、小保方さんの話になった。そのとき、彼女が言っていたのは「いまは女性にとって良い時代。私たちのころは、小保方さんのような研究を続けることは不可能でした」。女性が育児休暇をとりやすくなってきたとか、女性の採用比率引き上げや幹部に占める女性の比率向上とかの傾向も、女性の活躍に拍車をかけるだろう。

 また、同氏によると、「研究で一番、研究成果を挙げることができるのは30歳台」だという。ただ、女性にとっては、30歳台は結婚や出産・育児などもあるので、その負担で研究に専念しにくいというハンデがある。そこを支えることができれば、若い女性の能力が日本の科学技術などのレベルアップにより一層貢献できる。

 その意味で、ワークライフバランスや、家庭内で夫がもっと家事を分担するとか、公的な保育の充実が望ましい。スウェーデンなどのように、男性と女性とが政治、経済などの面でも対等になるのには、まだ時間がかかるだろうが、これらを早期に実現することが少子高齢化する日本には重要だ。

|

« 信号無視で人身事故を起こす自転車へ巨額賠償命令 | トップページ | フェルドマン氏の財政再建シナリオ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/59046848

この記事へのトラックバック一覧です: 女性も30歳台が一番活躍できる:

« 信号無視で人身事故を起こす自転車へ巨額賠償命令 | トップページ | フェルドマン氏の財政再建シナリオ »