« フィンランドの原発関連施設立地事情もかつての日本と同様 | トップページ | 放射能汚染を科学的に究明した本『土壌汚染』に感動 »

2014年2月10日 (月)

ほどほどにしてほしい言葉づかい「……させていただく」

 内閣官房が発信している安倍総理大臣のメッセージ、その2月10日付けを読んでいたら、「ソチのオリンピック選手村を訪問 選手団の皆さんを激励させていただきました。」というくだりがあった。「激励させていただきました」は、「激励しました」とか、「激励してきました」、ないしは「激励してまいりました」というのが首相としての普通の言葉づかいではないかと思う。

 政治家に特に目立つのだが、何かにつけ、「させていただく」という表現を耳にする。それに「お願いをさせていただく」などというように、謙譲の「お」を付けるのも耳障りだ。国会の質疑などで、まともに日本語をつかえない政治家のやりとりを聞くのはやりきれない。

 最近は、安倍首相はじめ、教育問題で改革を唱える人が多い。だが、まともな日本語すら話せない”偉いさん”から、そうした問題提起を聞かされるのはどうも……。

|

« フィンランドの原発関連施設立地事情もかつての日本と同様 | トップページ | 放射能汚染を科学的に究明した本『土壌汚染』に感動 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/59107736

この記事へのトラックバック一覧です: ほどほどにしてほしい言葉づかい「……させていただく」:

« フィンランドの原発関連施設立地事情もかつての日本と同様 | トップページ | 放射能汚染を科学的に究明した本『土壌汚染』に感動 »