« 日米中関係の将来の悪夢を指摘するウォルドロン教授 | トップページ | 今春闘に対する違和感 »

2014年3月10日 (月)

フクシマから3年、何を学んだか、の討論会を聞いて

 日本記者クラブが10日、「福島原発事故から3年経つ今、我々は何を学んだか」というテーマで、事故調査に当たった民間、国会、政府それぞれの調査チームの責任者(北澤宏一、黒川清、畑村陽太郎の三氏)を招いて、討論会を開催した。米国原子力規制委員会(NRC)のグレゴリー・ヤッコ前委員長も参加した。

 2時間にわたる発言をいちいち紹介することはできないが、聞いていて、印象に残った発言や感じたことをいくつか記す。

 ①原発は、どんなに万全をつくしたとしても、事故は起きる。どんなに考え、備えたつもりでも、気付かないことがあるからだ。安倍首相は10日、安全性が確認できた原発から運転再開を認めるという意向を表明したが、この論理は福島原発の事故が起きたことで破綻している。

 ②原発を再稼働するか否かは、事故は起こるという前提で、その場合の対応策を含め、情報を公開し、原発のメリットとデメリット(リスクなど)を国民参加のもとに議論し、意思決定すべきである。

 ③過去、原発については政府・与党や電力業界、大学などの原子力ムラが政策などを決めていた。だが、事故が起きたのに、責任ある人が責任をとらない。その状態で再稼働して再び事故を起こしたら、日本は世界の笑い者になる。

 ④福島の原発事故は、冷却水の洩れや溶融核燃料の撤去、あるいは被災者への補償など、まだ続いていて、終わっていない。今後も多くの課題を抱えている。したがって、世界がフクシマの教訓を学べるように、独立した国際的な調査委員会をつくり、世界の専門家を呼んできて、一緒に透明性のある議論をすべきである。

 

|

« 日米中関係の将来の悪夢を指摘するウォルドロン教授 | トップページ | 今春闘に対する違和感 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フクシマから3年、何を学んだか、の討論会を聞いて:

« 日米中関係の将来の悪夢を指摘するウォルドロン教授 | トップページ | 今春闘に対する違和感 »