« 中国に欲しい大人の風格 | トップページ | 小宮隆太郎『経済学 わが歩み』のいくつかの指摘 »

2014年5月29日 (木)

過去100年の歴史に学べ、と五百旗頭真氏

 今年は第一次世界大戦が始まってからちょうど100年になる。国際政治史の五百旗頭真氏(元防衛大学校長)は28日、日本記者クラブ総会記念講演で「アジアの中の日本の進路」と題してスピーチし、過去100年の歴史から汲み取るべき教訓を指摘した。
 まず、日本が現在直面している三重苦として、やがて来る超大型災害、国家財政の巨大な赤字、冷戦時代などをはるかに超える国防問題を挙げた。
 そして、過去100年の歴史を踏まえ、世界の力(パワー)のバランスが失われると大戦乱になる、そして、戦後、勝者が自制的に振る舞うと、その後、平和が維持されるとの見方を示した。
 第一次世界大戦のあと、勝利したフランスなどは敗戦国ドイツに天文学的賠償を要求した。その結果、ドイツでは国民の鬱積した不満を背景にヒトラーが台頭した。彼はチェコスロバキアのズデーテン地方を割譲するよう要求し、戦争を避けたい英仏はそれだけなら、と容認した。しかし、英仏のこの”ミュンヘン融和”に味をしめたヒトラーのドイツは次々と新たな侵略を行なっていった。
 米国は第二次世界大戦のあと、この融和の繰り返しの歴史から学んだ。大統領になったケネディは”ミュンヘン融和”を繰り返してはならないと考え、キューバ危機に対処した。
 過去100年の教訓は、①力をつけて勢いづく国に”ミュンヘン融和”をするのはいけない、抑え付ける努力をすべきだ、②かりそめにも戦いはしてはならない、止まらなくなる、③台頭する国には、国際的な連携を背景に、困ることになりますよと自制を求める、④非軍事的な説得を促す、と氏は言う。
 では日本の今後の進路についてはどうか。氏は日米同盟と日中協商が必要だと主張する。
 米国のドクトリンは経済的相互依存、人権および民主主義という普遍的価値、地政学的行動の3点である。あからさまに領域を超えて膨張する国に対しては、リバランスの行動をとる。10年前、草木も中国になびいていたが、いまは、多くのアジア諸国が中国に警戒心を抱いている。世界を敵にするとは、孫子の国なのにどうしたのか。
 米国はどれほど関与するのか。米国は中国を経済的機会として重視しているし、軍事力も往時より低下している。そしてオバマ大統領は非軍事的、外交的にしか動かない。歴史にならえば、次の政権がタカ派的になるのだが、共和党は内部が壊滅状態であり、ヒラリー・クリントンになれば、地政学的な対応をとるだろう。
 日本が中国に尖閣諸島を一瞬にしてとられたら、米国は動かない。日本がやるべきは自助努力である。対応力をつけ、中国による現状変更の動きに対し、「それはあまりにリスクが大きい。侮るな」と言っていく必要がある。それには海上保安庁を強化し、日米同盟を強化しなければならない。その点で、我が国は集団的自衛権を認め、日本近海の米艦を護る必要がある。
 中国は国際世論を割に気にする。しかし、中国は50年、100年を待つ長期戦でくる。日本にとってつらいものがある。フィリピンやベトナムにとっては、もっと厳しい。日本は中国とは首脳間で共同利益の追求で合意し、自制的に一緒にやっていくことができればいい。

|

« 中国に欲しい大人の風格 | トップページ | 小宮隆太郎『経済学 わが歩み』のいくつかの指摘 »

コメント

これって、要は米国の「ヘッジ戦略」でいけってことでしょ?奥山信司が北岡批判してるけど、昔の日本政治史の奴って、ホンマに内容薄くて、理論知らないよな。

投稿: | 2014年8月 8日 (金) 08時16分

え??結局、五百旗頭は何が言いたいの?
どちらの歴史の教訓にも立つなということか?
御用のいいたいことはよく分からん。

投稿: leoi | 2014年8月 7日 (木) 13時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 過去100年の歴史に学べ、と五百旗頭真氏:

« 中国に欲しい大人の風格 | トップページ | 小宮隆太郎『経済学 わが歩み』のいくつかの指摘 »