« 世界は紛争や災害の多発で厳しい夏に | トップページ | 翻訳書『脱成長のとき』のあとがきはユニークだ »

2014年8月30日 (土)

ケータイからスマホに買い替えての苦労

 東京では昼間、山手線などの電車に乗ると、座っている人の半分以上がスマホを操作している。孫の小学生たちは我が家に来ると、器用にiPadを操作している。旅行先でニュースを見たり、地図を見たりするには便利なので、私もケータイからスマホに買い替えた。

 従来、スマホは電話やメールなどがかけ放題、送り放題、しかも、定額料金というのがうけて急速に広まってきたのではないかと思う。しかし、それが青少年などの利用者の生活や勉強などを少なからず妨げてきた。スマホは日本人のライフスタイルをかなり変えてきたことは間違いない。

 通信大手3社の猛烈な成長も、スマホの急速な普及と利用の高まりとによる。しかし、利用者が皆、高い固定料金に見合うようにスマホと”にらめっこ”していたら、日本社会は健全性を失う。実際には、スマホを自在に使いこなせる利用者は半分もいないと思われる。言うなれば、通信大手3社は、スマホをほとんど使いこなせない高齢者などからがっぽりもうけさせてもらっているのではないか。

 そうした通信大手のスマホ・ビジネスに対し、政府が従来より低廉なスマホ・サービスをも提供するようにと指導したことは適切だ。私がスマホを買ったのは、使用頻度の低い高齢者などに、適正な料金(に近づいた)スマホ・サービスを始める企業が出てきたからである。

 しかし、実際に購入して説明を聞いたり、使ったりしてみると、スマホにはまだまだ問題が多いと思う。各種のオプションを用意していて、スマホを契約するときに、契約を強制された。オプションというのは利用者の意思で契約するか選ぶもののはず。ところが、1ヵ月は強制で、その先は解約自由という。こんな無茶苦茶がまかり通っているのである。消費者庁は何をしているのかと腹立たしくなる。

 スマホには使い方をわかりやすく説明しているマニュアルが付いていない。ネットで検索すれば説明書を読むことが可能だが、300ページ近いし、用語およびその説明自体がよくわからないものだらけ。いくつか緊急性の高い事柄については、店頭で教えてもらうようにしたが、簡単には頭に入らない。店員もわからないため、通信会社に電話して確かめたりしている。

 パソコンもそうだし、自動車もそうだが、使い方は利用者が自分で覚えなさいという荒っぽいビジネスは少ない。スマホはそれだけでなく、規格とか、標準化もされない点でもっと極端だ。別のスマホに切り替えたとき、すぐにいままで通りに使いこなすということは難しい。スマホは技術革新の粋ではあるが、普通の人はスマホの機能のごく一部を使っているにすぎない、という気がする。

|

« 世界は紛争や災害の多発で厳しい夏に | トップページ | 翻訳書『脱成長のとき』のあとがきはユニークだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/60229766

この記事へのトラックバック一覧です: ケータイからスマホに買い替えての苦労:

« 世界は紛争や災害の多発で厳しい夏に | トップページ | 翻訳書『脱成長のとき』のあとがきはユニークだ »