« 2015年度一般会計概算要求額・要望額が100兆円突破 | トップページ | 温暖化を阻止しないと人類の未来が危うい »

2014年9月 5日 (金)

池上彰氏の「ななめ読み」の指摘に朝日新聞はきちんと答えて

 8月5日と6日の朝日新聞特集「慰安婦問題を考える」に対して、6日付けの当ブログは「誤った記事の訂正・取り消しは記事と同じ大きさで」と書いた。間違った記事を訂正ないし取り消すときは、もとの記事と同じ大きさのスペースを使って載せなさい、さもないと、誤った記事による悪影響を帳消しすることにならない、という趣旨だった。

 朝日が何十年も前からの誤報の積み重ねを、いまになって、あれはウソでしたというのなら、誤報による社会的な悪影響を帳消しにするだけの反省を示す必要がある。日韓関係にとどまらず国際社会においても日本の信用を著しく貶めたことをきちんと認識していないようでは、今後、朝日の報道は、常に「本当かね」と疑わしい目でみられることだろう。

 池上彰氏の「新聞ななめ読み」は、大手各紙の記事を彼の目で批判したもので、朝日の記事は批判してはいけない、というコラムではなかったと思う。各紙とも、彼の指摘にうなづくだけではなかっただろうが、さりとて、けしからんと抗議するようなこともなかったのではないか。したがって、朝日が、自らの新聞記事に対する批判は許せないと掲載を拒否したのは、この「ななめ読み」の存在意義を抹殺したに等しい。池上氏が抗議したのは当然だった。

 9月4日の朝日は、一旦は拒絶した「ななめ読み」を掲載した。しかし、読者としては、池上氏の指摘を受けて、朝日がどう具体的に反省のアクションをとるか、に注目する。その内容いかんで、朝日新聞社の経営幹部たちがまともなジャーナリズムの担い手であるかが明白になる。

|

« 2015年度一般会計概算要求額・要望額が100兆円突破 | トップページ | 温暖化を阻止しないと人類の未来が危うい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/60264943

この記事へのトラックバック一覧です: 池上彰氏の「ななめ読み」の指摘に朝日新聞はきちんと答えて:

« 2015年度一般会計概算要求額・要望額が100兆円突破 | トップページ | 温暖化を阻止しないと人類の未来が危うい »