« 消費増税見送りで財政再建の道は狭くなったという伊藤隆敏教授 | トップページ | ムーディーズが日本国債を格下げ »

2014年11月29日 (土)

戦前の昭和史20年の教訓

 『昭和史』(2004年刊、平凡社)の著者、半藤一利氏に対する朝日新聞のインタビュー記事「人生の贈り物」最終回(28日夕刊)に興味深い記述がある。「安倍政権の周辺には、かなりの知恵者、歴史を学んだ人がいて、先を見通し、きちっと作戦を練っている気がします」と。
 そして、その知恵者というのは、昭和史にもあった参謀本部のようなものと推察する半藤氏は、「昔の参謀本部は秀才が集まって、タコツボの中で戦略を練り、秘密を保持し、大いに誤った」、現在は、それと似ている気がすると締めくくっている。新聞記事の見出しは「タコツボの中で誤った昭和、今に似る」というものである。
 このインタビューで、同氏は、日本人とはどういう人間かを著書『昭和史』の最後に5つ書いたと語っている。同書を読むと、戦前の昭和史20年の教訓の第1は、日本人は熱狂しやすい。第2に、ものごとは自らの希望通りに動くと考える。第3に、タコツボ社会における小集団エリート主義の弊害。第4に、国際社会における日本の位置づけを客観的に把握せず、主観的思考に基づく独善に陥っていた。そして第5に、ことが起こったとき、場当たりの方策でごまかし、時間的空間的な大局観や複眼的思考が欠けていた。それに加え、根拠なく自己過信に陥ったり、ことがうまくいかなかったときの底知れぬ無責任、を指摘している。
 インタビューでは、日本人の本質は戦前と変わらないとし、「日本人は冷静に考えないまま、同じ方向に走るのが特徴」と言う。
 安倍政権が過去2年進めてきた政治が何をめざしているのか。半藤氏の昭和史に学び、その教訓を大事にして適切に判断していかなければならないと思う。

|

« 消費増税見送りで財政再建の道は狭くなったという伊藤隆敏教授 | トップページ | ムーディーズが日本国債を格下げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 戦前の昭和史20年の教訓:

« 消費増税見送りで財政再建の道は狭くなったという伊藤隆敏教授 | トップページ | ムーディーズが日本国債を格下げ »