« 財政健全化に向けての動き | トップページ | 財政規律がゆるんだままの安倍政権 »

2015年4月30日 (木)

安倍首相の米議会演説に欠けたもの

 米国の上下両院議員を前にした安倍総理大臣の演説全文を読んだ。訪問先の国の議会で行なう演説において、言ってはならないこと、言うのが望ましいことが何か、知らないままに、演説に対する感想を記す。

 第一に、米国に対して、お追従めいた言辞が多かったように思われる。尖閣諸島をめぐる中国との緊張関係などが続いているため、安全保障面で米国の支援を確実なものにしておきたいという事情はある。だが、米国の軍事面での世界戦略に日本が追従するようなことは、わが国にとって過重、かつ危険な負担になりかねない。

 第二に、21世紀の世界を展望し、人類が抱える主要な課題に日米がどう対処すべきかという問題提起が欠けていた。現下の世界は、中近東アフリカにおける宗教、人種対立などの紛争が深刻化し、住民が悲惨な状況におかれているほか、ウクライナ、ギリシャなどの国家も、複雑な背景のもと、苦境から抜け出せない。世界平和に貢献しようというのなら、軍事力を越えた紛争解決策を両国で主導するぐらいのことが必要だろう。

 地球温暖化対策もいま程度の内容では、世紀末までに深刻な異常気象などに見舞われよう。それこそ、日米が率先して温室効果ガスの削減目標を一段と高いレベルにしようと呼びかけてほしかった。

 第三に、トマ・ピケティの「21世紀の資本」論が日本でも大いに脚光を浴びた。経済力の強い米国でも、日本でも、豊かな階層と貧しい階層の間の格差が広がる傾向にあり、貧困層の底上げが求められている。そうした課題にどう応えるか、政治家の理念、哲学を披瀝してもらいたかった。ないものねだりかもしれないが。

 第四に、沖縄の基地問題やフクシマの原発事故の後始末、さらにはデフレ、財政危機といった日本が抱える困難な課題を紹介し、事柄によっては米国の理解や支援を求めることもありうるといった率直な悩みの披瀝もしてほしかった。演説は全体に背伸びして”ええ格好しい”のきらいがあった。日本の実力、実態を率直に披瀝して、できることとできないことを米議会議員に伝えてくれたらよかった。

|

« 財政健全化に向けての動き | トップページ | 財政規律がゆるんだままの安倍政権 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/61519188

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍首相の米議会演説に欠けたもの:

« 財政健全化に向けての動き | トップページ | 財政規律がゆるんだままの安倍政権 »