« 東芝の粉飾決算を”不適切会計”というのは疑問 | トップページ | 憲法第9条の形骸化ここにきわまれり »

2015年9月17日 (木)

S&Pが日本国債の格付けを引き下げ

 米国の格付け会社、S&P(スタンダード・アンド・プアーズ)が日本の国債の格付けを1段階下げて「A(シングルA)プラス」にした。「AA(ダブルA)マイナス」から1格下げたもので、同社による日本国債の格下げは2011年1月以来、4年8か月ぶりという。従来は、中国、韓国と同じだった。

 日本政府は2020年までに基礎的財政収支を黒字化するという財政健全化目標を下ろしていない。だが、現実の経済政策では、歳出抑制はろくにせず、経済成長、地域振興などにばらまき政策を進め、災害対策などもあって赤字国債を増発している。このため、財政状況はきわめて脆弱になっている。

 安倍内閣の経済政策「アベノミクス」も経済構造の改革にはいたらず、日本経済の建て直しは見通し難となっている。米国の金融政策のゆくえや中国経済の不振など、日本経済を取り巻く状況も厳しい。

 S&Pによる日本国債の格付け引き下げは、こうした世界と日本の経済情勢を踏まえたものだと思われる。主要格付け機関であるムーディーズ・インベスターズ・サービスは昨年12月に引き下げを実施、フィッチ・レーティングスも今年の4月に引き下げており、これで、格付け機関の見方はそろった。

 

 

|

« 東芝の粉飾決算を”不適切会計”というのは疑問 | トップページ | 憲法第9条の形骸化ここにきわまれり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: S&Pが日本国債の格付けを引き下げ:

» 保険にも関係あり!?「9/16 格付会社SPが日本国債を”A+”へ格下げ」 [K2 Investment保険アドバイザーBXの海外生命保険ブログ]
皆さんこんにちは「保険アドバイザーBX」です。今日は「日本国債格下げ」についてお話したいと思います。9月16日の夕方に、米国格付会社SP社が「日本国債を”AA-”からA+”へ格下げ」を発表し、同日夜の日経新聞にも、その記事がUPされました。*出典:日経新聞電子版な~んとなく素通りしてしまいそうな方もいらっしゃるかもしれませんが、もし皆さんが銀行にお金を預けていたり、保険に加入してるのであれば少なからず関係があります。そうです、ほとんどの方は関係があるんですね。日本国... [続きを読む]

受信: 2015年9月18日 (金) 15時43分

« 東芝の粉飾決算を”不適切会計”というのは疑問 | トップページ | 憲法第9条の形骸化ここにきわまれり »