« 増え続ける生活保護費の見通し | トップページ | 自治体財政は立て直しが進んでいるのか »

2015年9月25日 (金)

グローバル競争とVWの排ガス不正

 トヨタ自動車と世界市場で一、二位を争うVW(フォルクスワーゲン)がディーゼル車の排ガス規制に対し、政府機関によるテストのときだけ環境基準をクリアするという不正ソフトを仕組んでいたと米国環境保護局が明らかにした。

 この事件は、いろいろな観点で注目されよう。第一に、ガソリン・エンジン車で、トヨタのプリウスなどが排ガス規制をクリアし、かつ、すぐれた燃費を達成しているのに対し、ディーゼル・エンジン車が排ガス規制と燃費の両方を満足させる技術を持っていないことが明らかになった。ディーゼル・エンジンは燃費がいいが、排ガス規制をクリアするには、燃費効率を相当引き下げなければならない。VWはその両立が技術的に達成できなかったため、詐欺的な対応策をとったと思われる。

 これは個人的に技術者がやったことではあるまい。世界一の座をかけたグローバル競争において、VWが拡大志向で走ってきたことを考えれば、会社ぐるみの不正と見るのが自然だ。東芝がトップの暴走で粉飾決算をしていたのも、グロ-バル競争で落伍しないためだった。

 VWはドイツの会社で、日本の取締役会に相当する監査役会には労働組合代表が加わって経営をチェックしている。日本には、そうした同社のコーポレート・ガバナンスに学ぶべきだという人もいる。それだけに、同社のガバナンス(統治)のありかたにも見直しが必要かもしれない。

 VWの不正が公けになった結果、既発売のディーゼル車をどうするのか。排ガス浄化のソフトを取り替えればすむ話ではない。排ガスを常に浄化するようにすれば、燃費は大幅に落ちる。さりとて、いまのままでは、NOxなどの排出が多く、環境汚染がひどい状態が続く。リコールして云々というわけにはいかない。

 したがって、保有者からすべて買い取るという答えしか考えつかないが、そうだと、VWという会社が存続できるか危うい。同社はガソリン車も製造している。それと交換するというのはユーザーに歓迎されようが、とほうもないコストである。

 VWはドイツの中で最も大きい自動車メーカーである。同社がゆらぐと、同国経済に相当の影響を与える。また、同国は環境先進国として世界的に知られるが、今回の事件で、環境先進国、ドイツというイメージが崩れるだろう。

|

« 増え続ける生活保護費の見通し | トップページ | 自治体財政は立て直しが進んでいるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/62349774

この記事へのトラックバック一覧です: グローバル競争とVWの排ガス不正:

« 増え続ける生活保護費の見通し | トップページ | 自治体財政は立て直しが進んでいるのか »