« 早くも2016年度の補正予算を、というのはどうかしている | トップページ | 赤字国債発行への歯止めが実質的に消滅 »

2016年3月31日 (木)

若いって素晴らしい、夕張市長35歳

 3月30日に、鈴木直道夕張市長が日本記者クラブで会見した。戦後、炭鉱で栄えた歴史を持つ夕張市は10年前に財政破綻して財政再建団体に移行した。そして、これまでの10年間に95億円を返済した。しかし、財政再建一辺倒で地域の再生につながらない。そこで、夕張市の再生を目指して「夕張市地方人口ビジョン及び地方版総合戦略」を3月に打ち出した、という。

 借金返済の主な原資は職員を260人から100人足らずに減らし、職員給与を年収で4割削減したことである。しかし、いまでは、市民から職員の給与を改善すべきだという声が出てきているという。これからは、地域再生に移行し、未来志向の政策に転換していくと同市長は語った。

 政策転換の具体的な内容についていろいろ質問されたが、同市長は、即座に答える。そして、日本全体の人口が減少し、国の財政も健全化していない点を取り上げ、夕張市の改革が日本の改革の先取りをしている課題先進地という自負をのぞかせた。

 言うはやすく、行なうは難し。夕張市の前途は厳しいものがある。それを百も承知で、住民と一緒になって夕張の再生を目指し、先頭に立つ鈴木市長の闘志は敬服に値する。

 鈴木氏は1981年3月生まれの35歳。東京都庁の職員だった2008年に夕張市に派遣されたのが契機となって、2011年4月に夕張市長に就任し、2015年に再選された。この日の会見を見ていると、将来展望が描きにくい現代、彼ぐらいに若い人が国政を含め、リーダーになったほうが、大胆な発想と行動で難局を乗り切れるのではないかと思ったりした。

 

 

|

« 早くも2016年度の補正予算を、というのはどうかしている | トップページ | 赤字国債発行への歯止めが実質的に消滅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/63422334

この記事へのトラックバック一覧です: 若いって素晴らしい、夕張市長35歳:

« 早くも2016年度の補正予算を、というのはどうかしている | トップページ | 赤字国債発行への歯止めが実質的に消滅 »