« 映画「抗い 記録作家 林えいだい」を見る | トップページ | TPPよりパリ協定を優先すべきでは »

2016年10月31日 (月)

加害者の刑罰は軽過ぎるのでは

 最近、横浜市内で、後期高齢者の運転する軽トラックが小学生を轢き殺した。原因などは解明されていないが、高齢化/少子化という我が国社会の重い課題が一段と重く感じられる事故だった。子供を産みやすく、そして育てやすい社会にすることが日本の最大の課題なのに、その大命題に反するような子供や若者を殺害する事件が新聞紙面をにぎわしている。

 また、運転中、スマホの「ポケモンGO」に気をとられ、道路を横断中の女性2人をはねて死傷させた39歳の男に対し、徳島地裁が1年2か月の禁固刑を科す判決を下したという。ゲームをしながら、自動車を運転していて他人の命を奪ったのに、1年ちょっとの禁固刑に服すれば、社会に復帰できるというのは、被害者の側からどう見えるだろうか。自動車の利便性が向上し、自動運転車の開発・実用化が進みつつあるが、目下のところ、ドライバーの安全運転を促す仕組みは足りない。

 ところで、「ポケモンGO」を販売した企業は相当の収益をあげたはずだが、こうした”ながらスマホ”による轢き殺し事故の発生に対して、いささかも心の痛みを感じないのであろうか。最近はほとんど見かけないが、チューインガムが路上に吐き捨てられ、道路が汚された時期があった。ガム会社はポイ捨てしないよう注意書きをするようにしたが、捨てる人が多かった。そうした環境汚染を思い出す。

 40年余り前に刊行された『自動車の社会的費用』(宇沢弘文著)は、自動車の便益だけを見るのではなく、騒音、排ガスによる大気汚染、道路建設、交通事故による死傷などの外部不経済を考慮するよう求めた。基本的には、いまもこの考え方を踏襲すべきだが、”ながらスマホ”などの現実を踏まえ、いまや、人命を尊重し、日本の人口減少を止めるための政策や法制を確立することが必要ではないかと思う。

 

|

« 映画「抗い 記録作家 林えいだい」を見る | トップページ | TPPよりパリ協定を優先すべきでは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/64425128

この記事へのトラックバック一覧です: 加害者の刑罰は軽過ぎるのでは:

« 映画「抗い 記録作家 林えいだい」を見る | トップページ | TPPよりパリ協定を優先すべきでは »