« 原発事故費の経産省試算 | トップページ | フランス中央銀行総裁「財政赤字抑制目標を堅持すべき」と »

2016年12月11日 (日)

「エコプロ2016」を見て

 毎年、いまごろ東京ビッグサイトで「エコプロダクツ展」が開催される。ことしは「エコプロ~環境とエネルギーの未来像」と変化し、今月8日から10日まで行われた。

 最終日に見て回ったが、一部の大企業のブースを除いて、さほど混んではいなかった。クイズに回答して景品をもらうため、子供や大人が並んでいるブースを結構見かけたが、説明員が手持無沙汰というところも多かった。

 ざっと見て回った感想を記すと、①ナノセルロースのように、企業が特定の新分野に焦点を絞る展示が目に付く、②展示テーマに関する自社製品を総まくりに展示するやりかたはみられない、③展示の多くは、写真・映像と説明文から成る、④自動車は、各社とも一番力を入れている車種(未発売も含む)1台を展示するだけ、⑤以前に出展したビッグビジネスでも、今回、出展しないところがかなりある、⑥中小企業(団体を含む)および地方自治体の出展がさかんであるetc.――。日本の企業に革新的な製品および技術が乏しい、収益状況を踏まえ出展にあまり経費をかけたくない、などの事情を反映しているのだろうと推察する。

 ところで、日本生活協同組合連合会のある説明員は「ここ(エコプロ展)に来て、皆がこんなに環境対策に熱心だということを知りました」と語っていた。出展関係者がお互いに啓発し合うという意義に気付かされた。東京ビッグサイトの東1~6のホールを埋め尽くすだけの出展があるのは、上記の問題点があるにしても、本当にすごいとしか言いようがない。

 ことしは中国の紹興市が地元企業3社と共同で出展していた。説明員の話を聞くと、出展に意欲的だった。エコプロ展がアジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会に飛躍する第一歩なのかもしれない。

 第1回からエコプロ展を見てきたが、ことしも、去年も、大半のブースがいささか平板な感じに終わっている。主催者にとっても、来年は一工夫も二工夫もすべきチャレンジの年ではないかと思う。

 

|

« 原発事故費の経産省試算 | トップページ | フランス中央銀行総裁「財政赤字抑制目標を堅持すべき」と »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「エコプロ2016」を見て:

« 原発事故費の経産省試算 | トップページ | フランス中央銀行総裁「財政赤字抑制目標を堅持すべき」と »