« 歯止めのない国債残高増大 | トップページ | ドル箱ビジネスを切り売りする東芝 »

2017年1月31日 (火)

民主主義の米国に出現した独裁者

 2017年1月は、米国および世界が大きく暗転し、深い傷が残った時期の始まりとして歴史に刻まれよう。オバマのあとに就任した米国のトランプ大統領は、立て続けに大統領令なる”印籠”を振りかざして、次々に新たな政策を打ち出した。

 民主主義国家は司法、立法、行政の三権分立を基本としており、新聞などのメディアが言論の自由を裏打ちしている。トランプ大統領はそうした民主主義国家の枠組みを全く無視しているようにみえる。

 トランプ氏は、新たな政策をツイッターで発信する。そして、自分のやりかたに反対する人、組織、メディアなどの言い分を聞こうともせず、一方的に歪んだ見方で叩く。メディアへの不信感が強く、批判的なメディアをつぶせとまで言う。米国は民主主義の元祖みたいに思われていたが、民主主義くそくらえと言わんばかりの独裁者誕生である。ヒトラーもこれほどひどくはなかったように思う。

 新大統領の経済政策は、米国で売る物は米国で生産せよ、とか、雇用を増やせ、といったもの。国境を超えてモノ、カネ、人、情報が行き来しているグローバリゼーションの実態をまるでわかっていない。世界の貧しい人々や、戦争で平穏な暮らしを奪われた人々に対する共感も持っていない。

 こうした無茶苦茶な政治を行なっているトランプ大統領をやめさせることができるのは米国民である。いま、各地でデモがあり、憲法違反などとして裁判を起こす動きがみられる。他方、トランプ支持のデモもある。世論は大きく分裂している。

 考えてみると、トランプ氏が大統領に就任してからわずか10日ほどしか経っていない。この先を読むには早すぎるが、これからも、トランプ政治をめぐって米国および世界が混乱し続けるのだろう。当然、日本もそれに巻き込まれよう。

 トランプ政治は短いほど、いいとも思うが…。どうだろう。

 

|

« 歯止めのない国債残高増大 | トップページ | ドル箱ビジネスを切り売りする東芝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/64835088

この記事へのトラックバック一覧です: 民主主義の米国に出現した独裁者:

« 歯止めのない国債残高増大 | トップページ | ドル箱ビジネスを切り売りする東芝 »