« 東芝――落ちた偶像 | トップページ | 賃上げ闘争にJAMが提起した新たな視角 »

2017年2月21日 (火)

河野龍太郎氏の経済観に教わる

 ”トランプノミクス”や”アベノミクス”が米国経済や日本経済、そして世界経済にどのような影響、帰結をもたらすか。日本記者クラブでは21日、BNPパリバ証券のチーフエコノミスト、河野龍太郎氏の話を聞いた。内容は多岐にわたり、新鮮、かつ鋭い指摘が一杯だったと思うが、肝心の当方の消化能力(理解力)が足りなくて、独断と偏見による断片的な紹介にとどまる(配布資料も含む)。

・ポピュリズムが広がっているのは、グローバル化の反動というよりも、世界的に経済成長率のトレンドが低下して、失業など人々の不安が高まっているからだ。ポピュリズム政治は大規模財政を招き、インフレ高進と金利上昇につながるおそれがある。

・トランプノミクスの賞味期限は1年半ないし2年程度か。米国の移民規制や保護貿易はトレンド成長率を低下させる。政権との近さがものを言うようになるとイノベーションは停滞する。金融資本を野に放つカジノ資本主義の色彩が強まるだろう。

・プリンストン大学のシムズ教授が唱えたインフレ醸成政策は、インフレによる返済を前提に追加財政支出を行なうべしというもの。シムズ理論と”アベノミクス”は親和性が高い。同理論は、財政健全化目標の棚上げや、消費増税の完全先送りに正当性を与えることにならないか。

・量的・質的緩和の開始段階から(河野氏が)実施に強く反対した最大の理由は、それが財政規律を大きく損なうと予想したから。他人のカネを使う政府部門の支出は、利払費さえ抑え込めば、返済を先送りできるから、議会制民主主義のもとでは際限なく膨らむ。

|

« 東芝――落ちた偶像 | トップページ | 賃上げ闘争にJAMが提起した新たな視角 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/64923822

この記事へのトラックバック一覧です: 河野龍太郎氏の経済観に教わる:

« 東芝――落ちた偶像 | トップページ | 賃上げ闘争にJAMが提起した新たな視角 »