« 強権政治:日本国の未来を危ぶむ | トップページ | 財政悪化を是認する「骨太の方針」 »

2017年5月30日 (火)

宰相に求められる謙虚さ、公正性

 宰相であれ、ビッグビジネスのトップであれ、権力者はリーダーシップを発揮する一方で、権力を濫用することなく、公私にわたって謙虚、公正たらんとすべきである。昔から、権力は腐ると言われてきたが、いまの世界を見ると、いくつもの国で、支配者が腐っていると思われるニュースが相次ぐ。日本はどうか。

 日本では、国会における与野党の争点の一つとして森友学園、加計学園をめぐる安倍政権の関わりが報じられている。許認可や資金援助などに関する政府の関係部門の意思決定が安倍首相の意向を忖度したのではないかとか、安倍首相の夫人が名誉校長になっていたなどといった関わり方が指摘されたりしている。

 こうした報道に接するたびに思うのは、日本国の最高権力者となったら、その地位にあるあいだは、親しい友人であっても、個人的な付き合いは避けるべきだという点である。

 権力者には人が寄ってくる。政府(国や地方自治体)というのは、許認可などの権限のかたまりであり、補助金などの歳出(カネ)の出どころである。したがって、最高権力者である総理大臣と個人的な付き合いがある人は、うまい汁を吸っているにちがいないと世間の人たちは思う。したがって、総理大臣となったら、言われるまでもなく、許認可や補助金などが関わる業種・業態の人たちと一緒にゴルフをしたり、首相夫人がそうした関係の小学校の名誉校長などになったりしてはいけないのである。

 それがリーダーである首相がとるべきけじめである。安倍首相や菅官房長官ら自民党の指導層は、こうした基本をわきまえていない。前川前文科省事務次官への個人攻撃などで問題の本質をそらす自民党に、これからの我が国を託すのは不安が一杯だ。

|

« 強権政治:日本国の未来を危ぶむ | トップページ | 財政悪化を是認する「骨太の方針」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/65349813

この記事へのトラックバック一覧です: 宰相に求められる謙虚さ、公正性:

« 強権政治:日本国の未来を危ぶむ | トップページ | 財政悪化を是認する「骨太の方針」 »