« 財政と社会の関わりを考えさせるジュニア向け新書 | トップページ | 鯨の生息数が増えると寄生虫のアニサキスが増えるとか »

2017年6月27日 (火)

藤井聡太くんが提起した問題

 将棋の藤井聡太四段(14歳)がプロとなって29連勝を達成し、日本中が沸いている。共謀罪、森友学園、加計学園などで安倍内閣に対する国民の不信が強まり、また、北朝鮮の核・ミサイルの脅威が高まったりしたあとだけに、穏やかで、親しみを持てる天才中学生の出現は明るい話題として歓迎されている。

 ここで、藤井くんを取り上げたのは、将棋のことではない。数学を得意としているのに、学校から宿題を出され、「どうして宿題をやらなければならないのか?」と、彼がクレームをつけたという話についてだ。

 藤井くんにしてみれば、学校で教わって、もうわかったことについて、家で宿題をやるのは時間の浪費である。それこそ、時間があれば将棋の勉強をしたいだろう。だが、学校は、授業でわからなかった生徒にも、わかった生徒にも、画一的に宿題を課す。

 しかし、それでは、伸びる子をどんどん伸ばすという理想に反する。むずかしいことだが、学校教育においても、生徒一人ひとりの個性、理解力の程度に応じて、教え方に差異があっていいのではないか。

 いまでも、生徒たちは集団の中で目立たぬよう、何かにつけて、皆と同じであろうとし、自分の個性を前面に押し出すようなことは避ける。しかし、それでは、個性を打ち出し、自分を主張する外国の人たちに負けてしまう。

 いま、塾に通っている小中学校生は相当な数にのぼる。そこでは、個々の生徒の学力レベルに応じて教えている。スマホなどの発達は、そうした個別学習に拍車をかけるだろう。義務教育においても、生徒それぞれの理解力に応じた個人別学習法を生み出し、授業に取り入れることが望ましい。藤井四段の快進撃は、そんな問題も提起している。

|

« 財政と社会の関わりを考えさせるジュニア向け新書 | トップページ | 鯨の生息数が増えると寄生虫のアニサキスが増えるとか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/65465949

この記事へのトラックバック一覧です: 藤井聡太くんが提起した問題:

« 財政と社会の関わりを考えさせるジュニア向け新書 | トップページ | 鯨の生息数が増えると寄生虫のアニサキスが増えるとか »