« 高校野球大会では暑さで倒れる選手がどのくらいいるのか | トップページ | 日銀の物価上昇2%の見通しははずれっぱなしでも責任がないのか »

2017年7月16日 (日)

経済同友会、財政健全化は持続可能性にとって最重要課題と

 経済団体の経済同友会は14日、アピール「持続可能な社会の構築に向けて」を発表した。アピールは5項目あるが、そのトップで、持続可能性への危機感を指摘し、財政健全化を筆頭に挙げた。

 政府の”骨太の方針2017”では、「消費税引き上げの記述が消え、財政規律の弛緩を招きかねない公的債務残高対GDP比というストック指標が導入された」。これに対し、同友会は「国の将来を見据え、プライマリーバランスの黒字化に向けた現実的かつ具体的な目標を示すとともに、2019年10月の消費税率10%への引き上げの確実な実施を求める」と主張した。

 アピールでは「財政健全化は、わが国の持続可能性にとって最重要課題の一つ」とし、安倍政権には、短期的な支持率の変動を恐れずに取り組むよう主張している。

 同友会は、財政健全化の基本は「出ずるを制する」であるとし、社会保障の質を担保しながら、効率化する改革が不可欠だと言う。そのためには、最大の阻害要因である”シルバー民主主義”の打破に向けて、若い世代の意見が反映される政治制度の検討を求めている。

 また、同友会は、このアピールの第5項目「Japan2.0」―「国のかたちを描く」において、わが国の憲法を改定するか否かの議論が本格化することは、日本が目指すべき「国のかたち」を改めて考える好機として前向きに評価する、としている。

 

|

« 高校野球大会では暑さで倒れる選手がどのくらいいるのか | トップページ | 日銀の物価上昇2%の見通しははずれっぱなしでも責任がないのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/65539427

この記事へのトラックバック一覧です: 経済同友会、財政健全化は持続可能性にとって最重要課題と:

« 高校野球大会では暑さで倒れる選手がどのくらいいるのか | トップページ | 日銀の物価上昇2%の見通しははずれっぱなしでも責任がないのか »