« 藤井聡太くんが提起した問題 | トップページ | 高校野球大会では暑さで倒れる選手がどのくらいいるのか »

2017年7月 8日 (土)

鯨の生息数が増えると寄生虫のアニサキスが増えるとか

 魚の刺身を食べて食中毒になる原因にアニサキスがあるという。個人的な体験だが、生魚を調理していると、白いひも状の虫に出くわすことがあった。おそらく、それがアニサキスなのだろう。6日付けの日本経済新聞の「マーケット商品」のページに、アニサキスによる食中毒に対する不安から、鮮魚店がイワシ、カツオなどの刺身販売を中止したりし、築地市場などにおける卸値が顕著に下がったことが書かれていた。

 アニサキスは魚を刺身で食べると、人の胃壁や腸壁に入り、食中毒を起こすことがある。加熱や冷凍すれば死滅する。この生で食べたために食中毒になった被害者が近年、増えている背景には、鯨の増加があるという。

 即ち、アニサキスは鯨やイルカなど海産哺乳類の胃の中で成長し、産卵する。それが鯨などの糞と一緒に放出されると、オキアミを経由してアジ、イワシなどの魚が取り込む。そこで幼虫になる。かくして、鯨が増えると、アニサキスも増えるという説明だ。

 捕鯨をめぐっては、日本のような捕鯨国は国際的に孤立し、したがって、全世界における鯨の生息数は増え続けている。そうした捕鯨の制限がアニサキスの増加、そして生魚の食中毒増につながっているとは、自然の営みの不思議なことよ。

 今週の九州地方における、何日にもわたる猛烈な降雨と災害。その原因を突き詰めると、自然の営みの複雑・精妙さに突き当たるような気がするが、進行しつつある地球温暖化とも深く関わっているように思える。被災地の復旧や支援を急ぐとともに、自然災害をもたらす因果関係の科学的な究明も欠かせない。

|

« 藤井聡太くんが提起した問題 | トップページ | 高校野球大会では暑さで倒れる選手がどのくらいいるのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/65508633

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨の生息数が増えると寄生虫のアニサキスが増えるとか:

« 藤井聡太くんが提起した問題 | トップページ | 高校野球大会では暑さで倒れる選手がどのくらいいるのか »