« 日銀の物価上昇2%の見通しははずれっぱなしでも責任がないのか | トップページ | 稲田朋美防衛相は知識不足、理解不足だったのでは? »

2017年7月26日 (水)

消費低迷には家計減税をと説く中前忠氏

 中前忠氏(中前国際経済研究所代表)が日本経済新聞に寄稿するコラム「十字路」は、その独創的な視点で評価が高い。7月24日の「消費はいかに低迷してきたか」では、「減税が必要なのは、企業よりも家計」と言う。

 日本経済は長期のデフレから未だ脱していないが、企業部門は収益、貯蓄のいずれもが改善している。それに対し、家計部門は低迷を続け、家計の貯蓄は大きく減っている。間接税と社会保険料の負担が重いからだと中前氏は言う。

 これに対し、政府は財政再建を実質的に棚上げし、デフレ脱却を眼目に、2018年度の国家予算でも従来型の大盤振る舞いをする可能性が大きい。しかし、利益を内部留保して財務内容をよくしてきた企業を喜ばせる政策では、家計の消費は伸びない。そこで、中前氏は家計減税こそが求められているという。

 私見では、日本の企業は利益をなるべく社内に貯めておこうとする。不景気や乗っ取りなどに備えて内部留保しておこうという防御的意識が強いのである。このため、リスキーな事業への投資において欧米の企業におくれをとるおそれがある。

 したがって、企業にあまり内部留保させないような税制とか、従業員の賃金を上げるような社会的雰囲気、例えば、春闘で、労働者が高い賃上げをめざして強力な統一闘争をするとか、といったコペルニクス的転換が必要ではないかと思う。

|

« 日銀の物価上昇2%の見通しははずれっぱなしでも責任がないのか | トップページ | 稲田朋美防衛相は知識不足、理解不足だったのでは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184848/65584319

この記事へのトラックバック一覧です: 消費低迷には家計減税をと説く中前忠氏:

« 日銀の物価上昇2%の見通しははずれっぱなしでも責任がないのか | トップページ | 稲田朋美防衛相は知識不足、理解不足だったのでは? »